2月19日放送の「ボクらの時代」に厚切りジェイソン、SHELLY、パックンが登場した/(C)フジテレビ

写真拡大

毎回、さまざまなジャンルで活躍する3人が、自由気ままにトークを繰り広げる「ボクらの時代」(フジテレビ系)。2月19日の放送では、厚切りジェイソン、SHELLY、パックンといった国際色豊かな3人が、日本人とアメリカ人の違いについて本音トークを展開した。

【写真を見る】“WHY JAPANESE PEOPLE”はアメリカ人みんなの総意!?

外国人タレントと日本人タレントは、どっちが有利?というトークで、厚切りジェイソンが「外国人」と即答。理由として、ハーフタレントは日本人のルールとかが適用される。それに比べて、僕たちは変なことしても外国人として認識されるからOKと回答。

これを聞いたパックンは「僕は、ここまで(首を手で差し)日本人になっている」と前置きした上で、「他の外国人タレントさんを見て、ヒヤヒヤすることが結構ある」と語り、「外国人だから許されるんだろうけど……」とポツリ。

同じ外国人でも、日本に住んでいる長さから出る違いなども浮き彫りとなるシーンも。

逆に外国人タレントのデメリットに関して厚切りジェイソンが訪ねられると、「本当はそんなにスゴいと思っていない日本の文化に感動しないといけない」とバッサリ。

「日本人が何でスゴいのかという番組で、四季が取り上げられたんだけど、アメリカにも季節があるんだよね!と、言いたいけど、これを言ったらカットになるから、四季すごいね〜ってコメントをしてきた」と語ると、SHELLYも「日本人は四季を感動させたがるけど、四季は世界中どこにでもあると、すごく外国の人は言いますよね」と同調する。

このトークの締めで「僕は日本の四季が大好きです」と、パックンがカメラ目線でアピールすると、厚切りジェイソンは「こういうところだよ!」と、日本になじんでいるパックンをツッコんでいた。

他にも、アメリカ人は政治のネタとかをパロディーをお笑いで取り上げるけど、日本のお笑いはみんなが楽しめる笑いだから“子供向けで無難”。

日本の男性は家事をやらない、厚切りジェイソンの持ちネタ“WHY JAPANESE PEOPLE”は、アメリカ人全員が疑問に思っている。など、外国人ならではのトークが連続でトークは終了した。

次回の2月26日(日)放送は、斎藤工、満島真之介、青木崇高の3人が登場予定。