マシュー・リラード

写真拡大

脚本に『スキャンダル 託された秘密』のジェナ・バンズ、製作総指揮に『HOMELAND』のアヴィ・ニールを迎え製作する米NBCの新作コメディ『Good Girls(原題)』に、1996年のホラー映画『スクリーム』のスチュアート役や『スクービー・ドゥー』で知られるマシュー・リラードが出演することが分かった。米Deadlineが報じている。

本作は、良い妻を演じてきた自分たちに嫌気がさし新しい人生を歩もうとする3人の主婦たちを中心に描く物語。"Good Girls"の一人、ベスは夫のディーンが浮気していることに気付き、それまでの安定した生活を捨てることを決意。妹と親友と共にスーパーマーケットで万引きすることから始める。

今回出演が決まったマシューは、ベスの夫ディーンを演じる。ほら吹きでお調子者のディーンは妻のベスと4人の子どもと共に生活をしているものの、自動車ディーラーとして働く勤務先のCMに出演しているスターと不倫をしているという役どころ。コメディ番組『マット・ルブランの元気か〜い?ハリウッド!』でキャロル・ランスを演じていたキャスリーン・ローズ・パーキンスがベス役で主演を務める。そのほか、レノ・ウィルソン(『マイク&モリー マシュマロ系しあわせ日記』)とマニー・モンタナ(『グレイスランド 西海岸潜入捜査ファイル』)の出演も決定しており、主人公の残り二人については現在キャスティングが行われている。

マシューは近年TVドラマにも活躍の場を増やしており、『ブリッジ 〜国境に潜む闇』や、『グッド・ワイフ』、『ザ・ブック/CIA大統領特別情報官』、などに出演している。(海外ドラマNAVI)