櫻井翔の私服がダサいと言われ、他のメンバー4人は大爆笑

写真拡大

2月18日放送の「嵐にしやがれ」(日テレ系)のゲストに歌舞伎俳優の片岡愛之助が出演。以前、嵐の櫻井翔と飲食店で遭遇したときのエピソードを明かした。

【写真を見る】女優の藤原紀香と結婚し、「妻がいろいろ薦めてくれるから、自分では着ない色を着るようになった」と話す片岡愛之助

櫻井はそれまでそれほど面識がなかった片岡に、店の入口で会って挨拶しただけにも関わらず、会計をしようとすると、店員から「もう済んでます」と言われ、片岡が支払いをしてくれていたと、片岡の気前のいい一面を披露。二宮和也は片岡に「ちなみになんですけど、明日、どこでご飯食べます?」と、自分も偶然会って、おごってもらおうとする。

一方の片岡は、そのときの櫻井をまず「大学生に見えた」と言い、そして、「今どき珍しいくらいダサい服を着てるな」と思ったと打ち明ける。櫻井が表情をこわばらせる中、他のメンバーは大爆笑。しかし、片岡はすぐに櫻井を「世界が誇る日本のアイドル」と称えると、周囲の人に存在がバレないように、わざと「どこでこの服買うんだろう?」という服を着ていたのでは?と思ったと言い、「嵐という職業に徹している」と、尊敬したと発言。櫻井は馬鹿にされていると気づきながらも、その言葉に乗っかり、深くうなずく。

そんな片岡は、昨年、女優の藤原紀香と結婚。そのことで周りからは、私服が以前よりオシャレになったと言われるようになったと話す。片岡自身も自覚があり「妻がいろいろ薦めてくれるから、自分では着ない色を着るようになった」と言い、赤や青の原色系の色の服も着るようになり、スタイリストからも褒められることもあるとか。だが、「絶対に僕が買った服じゃないとわかっているみたいだ」と、自分ではなく、藤原のセンスが褒められていると笑った。

次回は2月25日(土)夜10:00から放送。ゲストに元プロテニスプレイヤーの松岡修造が登場し、「本気のテニス講座」を行うほか、歌のおねえさんこと、はいだしょうこがその本気の歌声を披露する。