おブスまっしぐら?高級化粧品をケチって使うのは美の大敵!

写真拡大

 美白といえば、美白美容液を化粧水などのスキンケアの後に使用するのが通例ですよね。でも、その美白化粧品を使うときに量をケチって使っていませんか?

 確かに美白化粧品は少し値段の張るものも多いですし、もったいないのは分かります。プチプラの化粧水のように思いっきり使えるかと言えば、そうではないかもしれません。

 タレントの宮前真樹さんも、高級化粧品を買うとケチケチしてしまって「もったいないババア」になってしまうのだとか。でも、美容家の佐伯チズさんによれば、実はその「ケチる」気持ちが、肌をきれいにしないのだそう。

 よく、美白美容液などをケチって使ってしまい、1カ月で使い切らなければならないものを、2〜3カ月もたせるというのはNGなんだとか。

 化粧水や美表液は、きちんと規定通りにたっぷり使うことで、その美肌効果が得られるもの。もったいないババアが登場するのはおブスまっしぐらというわけです。

 佐伯チズさんは、そんな美白の前提は「保湿にあり!」とも言っています。

 ぜひ毎日、惜しみなく化粧水や美容液をケチらず使って、白くて美しい納得のいく肌を手に入れましょう!