17日、中国の王毅外相は、ドイツ・ボンで開催されている20カ国・地域(G20)外相会合の期間中、日本の岸田文雄外相と会談した。

写真拡大

2017年2月17日、中国の王毅(ワン・イー)外相は、ドイツ・ボンで開催されている20カ国・地域(G20)外相会合の期間中、日本の岸田文雄外相と会談した。人民網が伝えた。

王外相は、今年が日中国交正常化45周年に当たり、来年は日中平和友好条約締結40周年を迎えることについて「双方はこれを契機に、両国の先輩たちの初心を忘れず、両国関係発展における経験と教訓を真剣に総括し、両国関係の政治的な基礎を切実に維持し、中日関係が正しい軌道に戻るよう推し進めていくべきだ」と述べた。

また現在の日中関係について「改善はチャンスに恵まれる一方で、挑戦にも直面している。日本側は最近、重大かつ敏感な問題で次々と消極的な措置を取り、両国関係改善の過程で妨害となることを引き起こした。日本側が約束を守り、言行一致で、両国関係の政治的な基礎を害する出来事の発生を確実に止めていくことで初めて、中日関係の本当の改善が実現できる」と強調した。

岸田外相は「日中国交正常化45周年である本年に、戦略的互恵関係の下、日中間の懸案を適切に処理し、肯定的な側面を拡充し、両国関係の改善を推し進めていきたい」とした上で、中国側の重要な関心事を重視し、「二つの中国」「一つの中国と一つの台湾」「台湾独立」を支持しない立場に変わりはないことを強調した。(翻訳・編集/柳川)