インスタント坦々麺+とろけるチーズ!とろっとろ感がたまらない

写真拡大

 濃厚×濃厚=?

 去る2017年2月3〜4日に、東京・池袋のサンシャインシティで開催された「乾麺グランプリ2017」。うなぎとろろ茶そば、シラチャー麺などなど、大変ユニークな麺メニューが登場して話題となりました。

 その中でグランプリを獲得したのが、『とろけるチーズのまろやかタンタン麺(星野物産)』。

⇒【写真】はコチラ https://joshi-spa.jp/?attachment_id=662563

 えっ!? 豆乳を入れたタンタン麺はたまに見かけるけれど、「とろけるチーズ」って??? と気になってしまいました。

 そこで今回は、「タンタン麺×とろけるチーズ」のマリアージュを実験! 誰でも手軽に作れそうな食品アイテムを使い、どのくらいおいしいのか試してみました。

◆お家で作るタンタン麺は、「簡単&美味」の時代へ!

 まず主体のタンタン麺。インスタント系乾麺では、「ノンフライ麺」が主流に。生麺のようなつるつるシコシコとした食感が気軽に味わえるようになっています。さらに、冷凍品が大躍進。各コンビニでも個性あふれるオリジナル冷凍タンタン麺を発売中で、電子レンジ調理が作り方の基本になるなど、手軽さも向上しています。

 それでは次に、チーズのチョイスに移りましょう。

◆とろける系が進化中! リッチ系が種類豊富に

 ちょっと前までは、「とろけるチーズ=1種類」だったはずなのに、気がつけば、チェダー、モッツァレラ、2種チーズの層仕立てまで…。気分や用途に合わせて選択の幅が広がっています。

 今回は、「カンタン&濃厚」を重視し、タンタン麺⇒ファミマ(乾麺ではありません)、チーズ⇒贅沢3層仕立てをチョイス。さて、気になるお味は…?

◆超濃厚味で楽しみ方が3倍に!?

 さっそく作ったのがコチラ。上手に作るポイントは、チーズを常温に出し、どんぶりをしっかり温めておくことです。

 乗せたチーズが今にもとろけそうですが、よくかき混ぜると、スープにチーズが溶け込んでとろっとろなクリーミースープが麺にぽってり絡まります。さあ、熱いうちにいただきましょう!

 うー、なんとも言えぬ特別感!まろやかながらも山椒のピリリとしたメリハリ感が特徴の担々麺ですが、濃厚チーズの台頭により、おいしいB級感が強化されたコク旨麺に生まれ変わっています。そして、夜中にカップ焼きそばを欲するような病みつき感もしっかりやってきます。

 また、まろやかゆえに、辛さへのチャレンジがしやすくなっていること、白飯欲が強く掻き立てられることで、味わい方が3倍になった気分。これは、絶対に試す価値ありの強烈な1杯でしょう。

 いやー、胃袋の満足度がハンパありません!気になる方は、是非お試しを!

<TEXT,PHOTO/スギアカツキ>
【スギ アカツキ】
食文化研究家。長寿美容食研究家。東京大学農学部卒業後、同大学院医学系研究科に進学。基礎医学、栄養学、発酵学、微生物学などを幅広く学ぶ。在院中に方針転換、研究の世界から飛び出し、独自で長寿食・健康食の研究を始める。食に関する企業へのコンサルティングの他、TV、ラジオ、雑誌、ウェブなどで活躍中。人気ブログ(http://saqai.com/)も手がけている。