マドンナがヴォーグ・イタリア誌の表紙に/写真:SPLASH/アフロ

写真拡大

バレンタインデーに、ファンも驚愕するほどのホラービデオを投稿したマドンナ(58)が、ヴォーグ・イタリア誌の表紙で乳首を披露して話題を呼んでいる。

【写真を見る】マドンナのボリューミーな谷間にクギづけ!/写真:SPLASH/アフロ

写真家スティーヴン・クラインが撮影した表紙は、1950年代を彷彿させるブロンドのピンカールに、真っ赤なマニュキュアと口紅をしたマドンナが、素肌に黒いシースルーのトップスをまとっているものの、ノーブラのため乳首が透けて見えるセクシーショット。

乳首の上には写真家のイニシャルであるSとKの文字がプリントされているが、ほかにも大きく口を開いてダイヤモンドをはめ込んだ歯を見せつけているショットなど前衛的な仕上がりに。

マドンナはインスタグラムで、「世界中のファッションのためにしてくれたことのみならず、強くて自立心あふれる女性たちがリスクを負う勇気を与えてくれたフランカ・ソッツァーニに神のご加護を!」と昨年12月に亡くなった同誌の編集長で、マドンナと親しかったと言われている女性について触れた投稿をしている。

しかしネットユーザーたちからは、「ただの狂ったおばさんと化した」「男性社会に怒れるマドンナ」「怖すぎる」「ヴォーグ誌はもっとクラッシックだったのに残念」「最近おばさんの暴走がひどすぎる」「見たくもない」「見飽きた」といったように、度重なる露出に否定的な声が多く寄せられた。【NY在住/JUNKO】