「しっかり貯金しなくちゃ」と思っているのに「増えるどころか赤字」。なんでお金が貯まらないの〜? と嘆いているみなさま。そろそろお金の使い方を見直してみるタイミングかも。どんどんお金がなくなっていく……それは生活習慣に問題があるせいかもしれません! 今回は、お金が貯まらない女性の特徴をまとめてみました!

どうして⁉ なぜか「どんどんお金がなくなる女性」の共通点

1:安いお店やプチプラブランドでたびたび買い物

「え〜、これで300円? やっすう!」「このスカート2,990円、買っちゃお」とプチプラでちょこちょこ買い物をしてしまう。そんな習慣なら「お金もかからないしいいよね」と思っちゃうのが怖いところ……。チリもつもればというやつで、100円、300円ショップやプチプラブランドで買い物し続けていると「数万円」になります。安いから買うのではなく、本当に必要なのか、と自問自答することが大切ですよね。

「GUやH&Mなどのプチプラブランドコーデにはまって『やっすうい!』と買いまくっていたら、カードの請求額が数万円……。しかも一度も着ていないもののあります」(31歳/主婦)

「100円ショップとかドラッグストアとか、安値のお店なら安心と買い物する習慣があると、以外にお金を使ってしまう」(29歳/会社員)

これぞプチプラの罠。上手に買い物すればいいけれど、安くてついちょこちょこ買っちゃう習慣には注意したいですね。

2:家計簿をつけていない

みなさま、家計簿ってつけていますか? なんか面倒くさいし、大変そうだし……。とどんぶり勘定で「よし、給料日までセーフ」みたいなお金の使い方をしている方もいらっしゃいますよね。毎月どれくらいの額が入ってくるのかはわかるけれど「どれくらい使っているのか」は意外とわからないものです。余計なものにお金を使いすぎていたことが発覚せずに、そのまま使い続けていたりして、どんどんお金が減ってしまうのだとか。

「家計簿なんて面倒くさいと敬遠していましたが、お金がピンチになりやすいので試しにつけてみることに。無駄な出資が目に見えて、月2万円ほど貯金にまわすことができました」(32歳/IT関連)

「将来、結婚したときのためにと家計簿を始めると、散財しすぎていたことが目に見えてわかりました。反省」(29歳/アパレル関連)

食べた物を書くと痩せる、っていうけれど、使った額を書くことも大事。

3:収入と支出のバランスがとれていない

つい使いすぎてしまう、そんな方は「収入と支出」のバランスが下手という意見も! おしゃれな洋服を買うためについ出費。旅行やエステで贅沢したい〜と出費。悲しいけれど、収入に合う生活をしなければいけませんよね……。普段は切り詰めて週末だけはご褒美、なんて使い方に変えてみるといいかもしれません!

「インスタにはまって、いいねをもらうために旅行や話題のカフェ、ブランドなどにお金を使っていたのですが……。お金が続かない!(笑)」(30歳/自営業)

「プチ贅沢はいいけれど、普段は切り詰めるようにしています」(32歳/インテリア関連)

収入と支出が合わないと、カードローンとかになっちゃうから要注意ですよね。

4:お金がかかる趣味ばかり

買い物が趣味、旅行が趣味、観劇が趣味。どれも楽しそうで憧れますが「お金がかかる趣味」ばかりを増やしている女性は「貧乏になりやすい」のだとか! 楽しみは絶対必要だけど、お金がかかりすぎる趣味は減らして、計画性を持って楽しみたいですね。

「買い物が趣味なので夫婦で出かけてもいつも『ショップ巡り』。いいものを見つけると買っちゃうのでお金がかかりますよね。最近は反省して近所の散歩とか、公園デートなどお金がかからない楽しみ方も増やしています」(28歳/アパレル関連)

「自分磨きが趣味なので、ヨガ、ジム、エステ、旅行などお金がかかることばかりだったのですが、できるだけ安い教室を選んだり、格安旅行にしたり」(33歳/会社員)

お金をかけずに楽しめることもたくさんあるはずです!

毎日の生活を豊かにしたい気持ちはありますが、将来に備えて貯金しておくことも大事ですよね。なぜかお金が貯まらない! と思う方はこんな習慣に心当たりがあるはずです。一度見直してみるといいかもしれませんよね。