WEEKLY TOUR REPORT
米ツアー・トピックス

 1月下旬のファーマーズ・インシュランス・オープンで、およそ1年5カ月ぶりにツアー復帰を果たしたタイガー・ウッズだが、当初出場予定だったジェネシス・オープン(2月16日〜19日/カリフォルニア州)と、ホンダ・クラシック(2月23日〜26日/フロリダ州)の2試合の欠場を発表した。


ツアーに復帰したばかりだったが、再び戦列を離れたタイガー・ウッズ ただこれは、ほとんど想定内のことだった。

 ファーマーズ・インシュランス・オープンで予選落ちに終わった翌週、ウッズは欧州ツアーのドバイ・デザート・クラシック(UAE)に参戦。初日にバーディーなしの「77」と出遅れると、2日目は「腰が痙攣(けいれん)を起こし、違和感がある」とラウンド前に大会を棄権した。

 初日もプレー中には、ミスショットのたびに苦しい表情を見せ、パッティングさえも思うように打てていない様子だった。正直、同大会の途中棄権も予測できたことで、さらにその後の試合でプレーできるとはとても思えなかった。ゆえに、ウッズのこの突然の発表にも、驚くことはなかった。

 気になるのは、現在のウッズの腰の状態だ。ウッズのHPによると、「(医者から)腰を休めるために、プレーはしないように言われた」と、ドクターストップであることを公表。エージェントのスタインバーク氏は、「ドバイに移動する、16時間以上の飛行時間が腰への負担となった。今後のスケジュールは未定」と語っている。

 確かに、カリフォルニアからドバイへの移動は、かなりの長旅。普段は、プライベートジェットでどこへでも出かけるウッズだが、今回は給油でストップすることを避けて、一般のコマーシャルフライトでダイレクトに飛ぶことを優先した。そうして、10年ぶりに一般の飛行機に乗ったのだが、その負担が意外と大きかったようだ。

 では、今後のウッズはどうなるのだろうか。

 最も注目されるのは、メジャーの初戦、マスターズ(4月6日〜9日/ジョージア州)に出場できるかどうか、だ。

「年が明けると、毎年マスターズに向けて準備をする。それが、20年続いてきたこと。マスターズでプレーするために、今は100%の力を注ぎたい」

 ウッズ本人はそう語って出場を目指すが、一方で、いよいよウッズの”限界説”への現実味も増している。

 元スイングコーチのブッチ・ハーモン氏は、こう不安を漏らす。

「今のウッズのスイングは、どのレベルでも戦えるものではないかもしれない。およそ1年半ぶりに復帰して、棄権が続くのはいい兆候ではない」

 また、自身もケガによる現役引退を決め、現在はラウンドリポーターとして活躍するドッティー・ペッパーは、こんなことを口にしてウッズの”限界説”を肯定する。

「難しいのは、自分自身で”そのとき”を決めることだ」

 実は、ペッパーにアドバイスを送ったのは、元プロテニスプレーヤーで、今では錦織圭のコーチとして有名なマイケル・チャンだという。

「マイケルは、リハビリの時間が練習に費やす時間より長くなったときが、”そのとき”だと思うと言った。そうして、私はツアーからの引退を決めた。タイガーの”そのとき”も確実に近づいている」(ペッパー)

 今週のジェネシス・オープンは、ウッズのファウンデーションが運営を始めた第1回目。そのため、ウッズは欠場を決めたが、会場には足を運んでくる。

 だが、ファンやメディアもその姿を望んでいるわけではない。王者に復活することは難しいかもしれないが、今一度、その雄姿をツアーで、それもマスターズで見られることを願っている。

 ウッズの今後の動向から目が離せない。

ゴルフ 記事一覧>>