【70年代のF1マシン】マトラエンジンを積んだフランスチーム

写真拡大 (全8枚)

F1参戦プロジェクトを国を挙げてサポート

そもそも、1950年にF1GPが始まった当時、フランスからはタルボとシムカ-ゴルディーニ(53年からゴルディーニ)などが参戦していたし、それ以前にもさまざまなモータースポーツでフランス勢が活躍していた。それが50年代中盤には姿を消してしまい、F1GPはイギリス勢とイタリア勢に支配されるようになった。

さらにドイツからポルシェ、日本からホンダが参戦するようになると、モータースポーツ先進国であることを自負していたフランスでも、当時のシャルル・ド・ゴール政権自らが「サーキットにおけるフレンチブルーの復権」を目指してF1GPに参戦するチームのサポートを決断。アルピーヌとともに候補に上り、最終的にその支援を取り付けたのがマトラだった。

65年にF3でレース活動を開始したマトラは、F2を経て68年にF1デビューを果たしている。ただしワークスのマトラ・スポールと、セミワークスのマトラ・インターナショナル、2チームがマトラを名乗っていて、同じマトラ製のシャーシを使用していながらも、マトラ・スポールが自製のV12を搭載していたのに対してマトラ・インターナショナルはフォード・コスワースDFVを採用。

成績的にはマトラ・インターナショナルが3勝を挙げてコンストラクター3位、ドライバーのジャッキー・スチュワートがシリーズ2位につけたのに対して、マトラ・スポールはジャン-ピエール・ベルトワーズの3位入賞がベストと、好対照だった。

そして翌69年シーズンは、ワークスが活動を休止し、DFVを使用するマトラ・インターナショナルのみが参戦し、初のワールドチャンピオンを獲得。70年からはティレル・レーシング・オーガニゼーションの名でマトラから独立しコンストラクターとして華々しい活躍を続けたことは、この企画でも

ただしヘッドは一新され、MS12/68と呼ばれていた旧タイプでは2本のカムシャフトの間から吸気し、Vバンクの外側に排気するレイアウトだったが、MS12/70と呼ばれる新型は、Vバンクの間から吸気し、外側に排気する、一般的なレイアウトに変更されていた。

シャーシも一新され、先代のMS10/MS11がF2用シャーシを発展させたものだったのに対して、V12エンジンを搭載することを前提にF1マシンとして専用に設計され、幅広いモノコックにサイドから見ると三角形(後方に向かってせり上がる形状)の燃料タンク部分を追加した格好だ。

71年のMS120Bを経て72年にはMS120C、120Dへとアップデート。モノコックの形状も一新するほどの大幅チェンジを受けたが、リザルトには反映されることなく、72年シーズンを限りにF1GPから撤退することに。

ゼッケンが貼られておらずサークルが白いままのMS120とゼッケン#20のMS120C、ゼッケン#18のMS120Dの3台すべて、2012年の6月に、フランスのロモランタン-ランテネにあるマトラ自動車博物館を訪ねて撮影。

マトラ・エンジンを搭載し「レキップ・デ・フランス」を標榜したリジェ

1976 Ligier JS5・Matra MS73

1977 Ligier JS7・Matra MS76

1978 Ligier JS9・Matra V12 Formule 1

1979 Ligier JS11 - Ford Cosworth DFV

72年シーズンを限りにF1GPから撤退したマトラだったが、スポーツカーレース(=3リッターまでのグループ6による世界メーカー選手権)に参戦を続けていたためにV12エンジンの開発も継続されていた。そして76年にエンジンコンストラクターとしてF1GPへのカムバックを果たすことになる。その供給先がエキップ・リジェだった。

マトラのF1プロジェクトが開始されたとき、ときのド・ゴール政権がバックアップしたことは先に書いたとおりだが、エキップ・リジェも政治的なバックアップを受けていた。

エキップ・リジェを率いるギ・リジェは、当時のフランス大統領だったフランソワ・ミッテランと親交が深く、「レキップ・デ・フランス(オールフランスチーム)」を標榜することでジタン煙草をはじめとするフランスの大手企業からの支援を集めての発進となった。

最初の主戦マシンはジェラール・ドゥカルージュが手掛けたJS5。発表当初、そしてシーズン序盤は大きくそびえ立ったエアインテークが大きな特徴で、ジタンブルー、つまり扇子を持って踊るスペインのジプシー女を描くにも格好のスペースとなっていた。

しかしシリーズ第4戦のスペインGPからは吸気口の高さが制限されるようになり、ある意味コンベンショナルなデザインとなった。

ちなみにタイプ名のJSはギ・リジェの友人でレーシングドライバーだったジョー・シュレッサーのイニシャルで、JS1はスポーツカー。F1第1号がJS5だった。

オーストリアで2位に入ったほか、2回ずつの3位入賞と4位入賞で20ポイントを獲得。コンストラクター5位につけるとともにジャック・ラフィがドライバーズランキングで7位につけ、初年度としてまずまずの結果を残している。

翌77年には二代目マシンのJS7に進化し、スウェーデンで初優勝。78年にはJS9を投入し、2回の表彰台を含めてコンストラクター6位、ラフィーもドライバーズランク8位と、安定した成績を残すことになった。

翌79年、マトラの完全撤退を受けて、フォード-コスワースDFVを搭載するニューマシン、JS11を開発。初めて2カーエントリーとなり、またV8を搭載することでトレンドとなっていたベンチュリーカー(=ボディ下面の形状を工夫してダウンフォースを生み出す、いわゆるウイングカー)としてより効果的となったせいなのか、シーズン3勝を挙げコンストラクター3位。開幕2連勝を飾ったラフィもシリーズ4位にまで進出していた。

ゼッケンがすべて#26で混乱しそうだが、横向きの走りは76年10月に富士で行われたF1世界選手権インジャパンで撮影。正面からの走りは翌77年の富士(日本GP。富士スピードウェイ・広報部提供)。グレーのマット上に展示されているのは78年モデルのJS9で2012年にマトラ自動車博物館で撮影。純白の展示台に置かれた79年モデルのJS11は2013年の年末にイタリアはモデナのエンツォ・フェラーリ博物館のF1企画展で撮影。

(写真:原田了)