鹿島戦で1ゴールを奪った興梠。柏木不在となった試合で、興梠はその存在の大きさを実感したようだ。写真:滝川敏之(サッカーダイジェスト写真部)

写真拡大

[FUJI XEROX SUPER CUP 2017]鹿島 3-2 浦和/2017年2月18日/日産スタジアム
 
 新シーズンの幕開けを告げるゼロックス・スーパーカップ。終盤の追い上げも及ばず、浦和は再び鹿島にタイトルを譲り渡す結果となってしまった。
 
0-2からの追撃のPK弾を決めた興梠慎三は、「自分たちがやりたいサッカーもちょっとはできたかなと思う。追いついたのは良かった」と後半の戦いぶりを前向きに捉えながらも、前日練習での負傷でこの日は欠場していた柏木陽介の不在の影響について言及している。
 
「やはり陽介がいなかった分、組み立ての部分では一人ひとりが意識してやらないといけなかった。自分がそれを『やろう』とは思っていなかったけど、結果的に引いてやることが多くなった」
 
 後半頭から投入された興梠は、ペナルティエリア付近で味方からのボールを引き出そうとする一方で、中盤の低い位置まで下りてプレーする機会も少なくなかった。テンポの良いパスさばきでゲームを組み立てる柏木が健在ならば、本来はあり得ないシチュエーションと言えた。
 
「でも、自分の持ち味はゴール前での勝負なので、それが薄れてしまったのはもう少し考えないといけない」
 
 中2日でACL開幕戦のウェスタン・シドニー・ワンダラーズ戦(アウェー)を迎える。柏木の復帰は微妙な情勢だが、昨季のチーム得点王が自らの持ち味を発揮できなければ、再び苦戦は免れないだろう。

【ゼロックス杯PHOTO】鹿島×浦和の美女サポーターたち♥