2014年10月に現行型にスイッチしたシトロエンC4ピカソ。2列5人乗りのC4ピカソ、3列7人乗りのグランドC4ピカソが設定されています。

1

2017年3月1日から発売される最新モデルは、従来から設定されている1.6Lのガソリンツインスクロールターボエンジンに加えて、ピカソ専用にチューニングされた最新の2.0Lクリーンディーゼル「BlueHDi」ターボエンジンを追加。ガソリン、ディーゼルともに2列5人乗り、3列7人乗りが用意されています。

新装備として、両手がふさがっていてもバンパー下に足を入れることでテールゲートの開閉が可能なハンズフリー電動ゲートを設定。

安全運転支援として、全速度域対応の危険回避、被害軽減アクティブセーフティブレーキ、ブレーキサポート付ACC(アダプティブクルーズコントロール/ブレーキサポート付はディーゼル車のみに装備)、ステアリング操作をサポートするレーンキープアシスト、斜め後方などからの車両の接近を知らせるアクティブブラインドスポットモニター、制限速度を認識して知らせるスピードリミットインフォメーション、ふらつきを検知して警報するドライバーアテンションアラートが用意されています。

5人乗りのC4ピカソの価格帯は、347万〜372万円。7シーターのグランドC4ピカソは355万〜380万円です。

(塚田勝弘)

待望のBlueHDiモデルが追加!個性的なミニバン・シトロエンC4ピカソが安全装備などを充実させて3月1日から発売(http://clicccar.com/2017/02/19/445484/)