「Thinkstock」より

写真拡大

 インスタグラムやフェイスブック、女子会などで、自分のきらびやかで充実した生活を「これでもか」とアピールするキラキラ女子たち。最近、この「自分を輝かせること」に必死な人たちの間で、「自分らしく個性的な結婚式」が注目を集めているという。

 なかでも人気なのが、「クレイジーウェディング」を行う株式会社CRAZY(以下、クレイジー社)だ。昨年5月に創業者の山川咲氏が『情熱大陸』(TBS系)に出演したことで一気に知名度を上げた同社は、式場から演出、衣装に至るまで完全オーダーメイドで、従来では考えられなかった独創的な挙式スタイルをプロデュースすることで話題を集めている。

 たとえば、セクシーな女性ダンサーが華麗な歌とダンスで魅了する「バーレスク」をコンセプトに、クラブ風スペースを会場に式を挙げたり、お祭りをテーマに会場にやぐらを組み新郎新婦とゲストの衣装を法被にしたり、伝統芸能である能をコンセプトに新郎新婦が能面を着けて登場したり……。

 こうした奇想天外な演出がクレイジーウェディングの特徴で、通常の結婚式に比べて割高にもかかわらず、人気を集めているのだ。

 結婚式にまで「自分らしさの演出」が拡大している背景について、学習院大学大学院講師で社会学者の新雅史氏は「それだけ、『キラキラした人生』を演出することにこだわる若者が増えたからではないでしょうか」と指摘する。

●輝きたい2人だけのためのキラキラ結婚式

 新氏によると、本来、日本における結婚式は家と家の契約の機能を果たす「社会的承認」の場で、そのような冠婚葬祭ではマナーがもっとも重視されていたという。個性的すぎる結婚式で「自分らしさ」をアピールしようものなら、「非常識」「マナー知らず」として、親族や周囲から白い目で見られることもあった。

「しかし、今や結婚式の意味合いは大きく変化しています。最近の結婚式は、親や周囲の意向よりも結婚する2人の意見が最優先され、『2人だけのための』結婚式となっています。親族を喜ばせるためではなく、『自分たちをどう見せるか』に主軸が置かれているのです」(新氏)

 実際、山川氏は、著書『幸せをつくるシゴト』(講談社)のなかで、結婚式について「人生が変わる可能性があふれるイベント」「私たちにしかできない」「サプライズ」「人生で一番承認される日」「表現したい世界を100パーセント表現する機会」と表現しており、結婚式を「自分を輝かせる舞台装置」のように位置づけている。クレイジー社がプロデュースする結婚式は、まさにキラキラ輝きたい2人のためだけのイベントなのだ。

「プロデューサー、デザイナー、クリエイターたちはクリエイティブな提案をするものの、その出発点には常に二人の意見が求められる。常に二人が主役で、常に二人が考える。葛藤したり、悩んだりしながら、二人は助け合って、意思決定や準備をする。そのことが結婚式ににじみ出るから、当日の空気が普通の結婚式とは明らかに違うのだ」(『幸せをつくるシゴト』より)

 同社は、結婚式を「家と家の契約」という社会的承認の場ではなく、「自分たちを承認させる場」に特化させたことで、自分を輝かせたい人たちから共感を得ているのだろう。

●「幸せ」「キラキラ」アピールを生む承認欲求

 しかし、高いお金を払って個性的すぎる結婚式を挙げるなど、なぜ彼らは自分を輝かせることにこだわるのだろうか。「幸せをアピールしなきゃ」という一種の強迫観念のようにも思えてくるが、新氏は以下のような見解を示す。

「たとえば、インスタグラムやフェイスブックなどを観察していると、若者たちが誰かに『いいね!』を押してもらうことに必死になりすぎている印象があります。『キラキラした人生に見せたい』『みんなにうらやましがられたい』『誰もやってないことをやりたい』というふうに、いつも無意識のうちに誰かに対抗しています。こうした欲求を満たそうと必死になった挙げ句、ついに結婚式まで、そのためのツールとして利用するようになったのではないでしょうか」(同)

 自分が幸せであることを他人に印象づけるためには、みんながやっている普通の結婚式では物足りない。だから、どんどん結婚式がフェス化し、クレイジー社に高い需要があるのだろう。

「特に、山川さんが結婚式を『人生で一番承認される日』と認識している感覚は、独特だなと感じます。そもそも、結婚式というのは、すでに自分を承認してくれている人たちを集める場。その結婚式で、さらに承認を求める人は、よほど日々の生活のなかで承認に飢えているか、もともと承認欲求がものすごく強いかのどちらかでしょう」(同)

 その「人生で一番承認される日」で、思う存分自分を輝かせた後に残るのは、どんなものなのだろうか。新氏は、フェス的なキラキラ結婚式が終わった後のことを懸念する。

「結婚式が終わり、その後の夫婦がどうなるのか、気になります。結婚式は、あくまでも夫婦のスタート地点。夢や幻想を持ち込んで、式そのものを目的化してしまうと、代わり映えしない日常が始まったとき、そこには大きな落胆が待っているのではないかという気がします」(同)

 もちろん、自分の人生をどう演出するかは個人の自由だが、承認欲求に振り回されすぎてしまうのも考えものかもしれない。
(文=藤野ゆり/清談社)