▽18日に日産スタジアムで行われたFUJI XEROX SUPER CUP 2017、鹿島アントラーズvs浦和レッズは 3-2で鹿島が勝利した

▽試合後、鹿島のFW鈴木優磨がミックスゾーンで取材に応対。決勝点を振り返るとともに、自身の調子についても語った。

◆FW鈴木優磨(鹿島アントラーズ)

──交代で入る時の監督からの指示は

「FWに入って、1人ボランチを見ながらディフェンスをしてくれと言われた。攻撃の部分があまり収まらなかったですね」

──得点シーンについて

「バックパスをミスしていました。今日のスタジアムはピッチに水を撒いていないので、ボールが止まりやすいのも把握していました。そこを狙ったら上手くハマりました」

──ACL、Jリーグ開幕と近づいていますが調整はうまくいっている感じか

「これから連戦になって全員で乗り切らなくてはいけないですし、今日の11人だけじゃ無理だと思うので、みんなで力を合わせて勝てるように頑張りたいです」

──ゴールを決めただけとは言っていましたが、それでも上手くいっているイメージか

「ゴールする感覚というのはありますし、それが今は得点につながっていると思います」