▽18日に日産スタジアムで行われたFUJI XEROX SUPER CUP 2017、鹿島アントラーズvs浦和レッズは 3-2で鹿島が勝利した

▽試合後、浦和のFW武藤雄樹がミックスゾーンで取材に応対。同点ゴールを振り返るとともに、前半の問題点を語った。

◆FW武藤雄樹(浦和レッズ)

──得点シーンについて

「ゴールシーンに関しては、僕のところにボールがこぼれてきたのでしっかりと決められて良かったです。同点ゴールだったので、そこからもう1点と思っていましたが、それが取れなかったことは残念です」

──本当に良いポジションにいたと思いますが

「狙っているといえば狙っていますし、ラッキーと言えばラッキーです。ああやってゴールを決めるのは自分の特徴の1つだと思っているので、最初の公式戦でゴールが出たのは自分の中で少しホッとしました」

──前半はうまくいっていない感じが見えました

「前半は攻撃がうまく組み立てられていませんでした。前でボールを収めてあげないと、後ろもキツくなります。カウンターをあれだけ食らうとさすがにキツいと思うので、ボールの回し方もそうですが、もう少し前が頑張らないといけません。それは今日の前半の反省ですし、後半はボールも収まって良い攻撃の形が作れていたと思います」