世界ランキング5位の錦織圭【写真:Getty Images】

写真拡大

アルゼンチンオープン準々決勝でストレート勝ち

 テニス男子シングルスのアルゼンチンオープン準々決勝が17日(日本時間18日)に行われ、世界ランク5位の錦織圭(日清食品)は同41位で第6シードのジョアン・ソウザ(ポルトガル)をストレート勝ちで下した。海外メディアは「これまでにないほどの切れ味」「絶好調を披露」と、錦織の充実ぶりを評価している。

 ATPワールドツアーの公式サイトは「錦織がブアノスアイレスで絶好調を披露」と題し、特集記事を掲載している。

 記事では「錦織はほとんど時間を浪費せずに4-0と一気にリードを広げた。ベースラインでのロングラリーを支配し、第1セットを奪った」と快勝ぶりを評価。試合時間はわずか72分。今大会の初戦となった2回戦のディエゴ・シュワルツマン(アルゼンチン)戦では第1セットをいきなり失ったが、その後の合計4セットでは、わずか9ゲームしか失っていない好調ぶりも伝えている。

 一方、オランダ地元紙「アルゲメーン・ダグブラッド」電子版は「錦織は期待通り」との見出しでレポート。ナンバー1シードのストレート勝ちを伝えている。

 FOXスポーツ電子版は「錦織はアルゼンチンでソウザを無価値にする」と特集。「全豪オープン以来、初の大会で、日本の錦織は体調万全のようだ。彼はフィットしており、これまでにないほど切れ味鋭いボールを打っている」と、錦織が今大会で見せる心身の充実ぶりを伝えている。

 錦織は18日(同19日)に行われる準決勝で、世界ランク77位のご当地選手、カルロス・ベルロク(アルゼンチン)と対戦することになる。