「SKE48 47都道府県全国ツアー〜機は熟した。全国へ行こう!〜」千葉公演より。松井珠理奈(中央)ほかが「夏よ、急げ!」を披露/(c)AKS

写真拡大

名古屋拠点のアイドルグループ・SKE48が2月18日に千葉県文化会館にて、全国ツアー「SKE48 47都道府県全国ツアー〜機は熟した。全国へ行こう!〜」の千葉公演を行った(昼夜2公演、各2000人合計4000人動員)。

【写真を見る】サプライズで登場のチーバくんを、SKE48メンバーもペタペタ触って大喜び!/(c)AKS

2014年11月にスタートしたSKE48の全国ツアーは、2016年4月3日の秋田公演(秋田県民会館)から実に約10か月振りの開催。

ステージでは、SKE48のキャプテン・斉藤真木子が「久々のツアーということで、待ち望んでここまで足を運んでいただいた皆さん、ありがとうございます! きょうは皆さんに会えてうれしいと言う気持ちを前面に出して盛り上がっていきたいと思います」とアピール。

その後ユニット曲では、次世代エースを嘱望される小畑優奈(センター)、松本慈子、高寺沙菜の3人が「Glory days」を、SKE48の引っ張るべき存在にもなった6期生からは北野瑠華、熊崎晴香、竹内彩姫の3人が「フィンランド・ミラクル」、また江籠裕奈がソロで「枯葉のステーション」を披露している。

昼公演のアンコールでは、「ツアー再開初日ということで、私たちも遊びに来ちゃいました〜!」(松井珠理奈)として、不参加予定だった松井、大矢真那、高柳明音、古畑奈和、松村香織、須田亜香里、谷真理佳の7人がサプライズで登場。2月22日発売のSKE48セカンドアルバム『革命の丘』のリード曲「夏よ、急げ!」を選抜メンバー(※大場美奈は欠席、千葉県出身の山内鈴蘭が参加)で歌い上げた。

その後のMCでは、4月7日の香川公演(サンポートホール高松)と翌8日の高知公演(高知県立県民文化ホール)のスケジュールもサプライズで発表。

そしてラストでは、この日存在感を見せた江籠が「私たちSKE48があるのは、皆さんのおかげです。皆さんの笑顔と声援で、きょう最後まで突っ走ることができました。これからも、まだ回ってない都道府県に行って、新しい“SKE48ファミリー”が作れるように、もっともっと頑張っていきたいと思います」と挨拶し、ファンから大きな喝采を浴びていた。

■出演メンバー=北川綾巴、後藤理沙子、松本慈子、山内鈴蘭(チームS)、石田安奈、江籠裕奈、小畑優奈、北野瑠華、惣田紗莉渚、竹内彩姫、日高優月(チームKII)、鎌田菜月、木本花音、熊崎晴香、後藤楽々、斉藤真木子、菅原茉椰、高寺沙菜(チームE) ※昼公演サプライズ:大矢真那、松井珠理奈(S)、高柳明音、古畑奈和、松村香織(KII)、須田亜香里、谷真理佳(E)