▽18日に日産スタジアムで行われたFUJI XEROX SUPER CUP 2017、鹿島アントラーズvs浦和レッズは 3-2で鹿島が勝利した。

▽試合後、浦和のGK西川周作がミックスゾーンで取材陣の囲み取材に応対。負傷明け初のフル出場となった試合に手応えを感じつつ、3失点敗戦という結果を真摯に受け止め、次なる戦いに目を向けた。

◆GK西川周作(浦和レッズ)

──3失点目のシーンについて

「出てキャッチするというイメージもあったと、(遠藤)航は言っていましたし、僕自身一回前に出て下がりながらポジションを取っていたので、うまく準備できていなかった。僕が主導権を取ってもっとアクションを起こしてあげれば、航も良い選択ができたんじゃないかなと思います」

──チームの状態について

「毎年、ここがピークではないですし、僕自身もチームもどんどん上がっていく。試合をやっていけばやっていくほど失敗はありますし、その失敗から学ぶこともある。同じことを繰り返さないことを心がけたいし、今日の試合で良いところも悪いところも出たと思うので、ACLに生かしていきたい」

──自身の動くはそれほど悪くなかった

「GKとして最悪な状況は常に想像しているし、一番ミスをしてはいけないポジション。逆にたくさんシュートが来た方が乗っていけるところもあるので、そこはポジティブに捉えながら、守るところはしっかり守ろうとしていた」