▽18日に日産スタジアムで行われたFUJI XEROX SUPER CUP 2017、鹿島アントラーズvs浦和レッズは 3-2で鹿島が勝利した。

▽試合後、浦和のDF遠藤航がミックスゾーンで取材陣の囲み取材に応対。結果的にタイトルを逃すことになった3失点目の場面を振り返り、自身の判断ミスを認めた。

◆DF遠藤航(浦和レッズ)

──3失点目の場面について

「自分がゲームを壊した。相手がそんなに来ていなかったのがわかったので、(西川)周作くんが出てくれるかなというのが一つあった。その後に、下がったのが見えたのでバックパスで動かせると思ったけど距離が近かった。最終的に、サイドに切ったり、サイドに運んでクリアする判断の方が良かったと思う」

──チーム全体で多かったボールロスト

「ボールを持ちながら縦にパスは入っていたとは思うけど、その後のコンビネーションでボールを失う回数が多かった。そこで、相手に起点を作られてカウンターを受けていた。相手の狙いなのか、自分たちのミスなのか、そこでピンチを招いてしまっていたかなと」

「ブロックを敷くことができれば、そこまで崩されることなく守れる感覚はあったけど、ボールの失い方が悪いと、そのままピンチになる。シンプルな失点の仕方だったと思います」