いろんな人に目移りしちゃう!「本当に好きな人」を見極めるには?

写真拡大



相談全文を読む(ガールズレスキューへ移動します)こんにちは!恋愛カウンセラー/占い師のあやかです。今回はこちらの高校生の女の子から寄せられたご相談についてお答えしていきます。

「今さらすぎて、友達に聞けないのですが、最近、彼氏が欲しい願望が強いです。ちょっと話しただけで『この人いいな』と思ってしまい、自分の好きな人がわかりません。好きって何ですか?」

恋したいな〜!という恋愛モードのときは、いろんな人に目移りしてしまうことも多いですよね。好きな人が定まらないときは、どんなことを試してみるべきなんでしょうか?一緒に考えて行きましょう。

■【気になる人が多いのは良いことです】

「たくさん好きな人がいるなんて、私は浮気者だ」なんて、自分を責めることはありません。10代、20代の女性は、いろんな人の魅力にときめくのが当たり前!自分にはどんな人が合うのかを見極めるチャンスが訪れていると考えましょう。男性を“いいな”と思うのは、恋の始まりではなく、「恋の入口」だと考えてみて。つまり、気になる人が多い=恋の入口をたくさん持っている、ということです。いろいろな扉を開けてみて、自分に合う人、心の底から大好きだと思える人を探すことを楽しんでみましょう。

■【気になる人と接近してみましょう】

“いいな”と思う人と、いろんな話をしたり、遊んだり、接近してみることが大切です。恋の入口に立っただけでは、誰が運命の人なのかを見極めるのは難しいのです。相手の性格や考え方、キャラクターを知っていく中で、「もっとそばにいたい!」と思える人を見つけていきましょう。実際に遊びに出かけてみたり、学校で話すタイミングを増やしてみて、気になる人との交流で相手を知ることを楽しんでみて。

■【本当に好きな人と出会うために】

片思いの気持ちだけ盛り上がって勢いで相手を選んでしまうと、付き合い始めてから「あれ?イメージと違う」「こんなはずじゃなかったのに…」と、気持ちが冷めてしまうこともあるでしょう。本当の恋は、急発進では見つけにくいのです。あとで後悔したり、トラブルのもとにもなってしまうので、恋をしたいからといって焦るのはNG。相手を知る、一緒に楽しむ、まずはこの過程をしっかり体験することが大事。そこでときめき以上の「大好き」を感じる相手が、あなたにとっての運命の人でしょう。(あやか/ライター)

(ハウコレ編集部)