だまされちゃダメだって!簡単に信用してはいけない「男の言葉」

写真拡大



男性は女性を口説き落とすためなら、口先だけの言葉を発したりすることもよくあります。

男性の言うことを、すぐに信じ込んでしまったりすると、だまされてしまうこともありますよ。

そこで今回は、簡単に信用してはいけない「男の言葉」を紹介します。

■1.「彼女とうまくいってないんだ」

「この言葉にだまされて、いいように利用されちゃった経験があります。結局、彼女と別れてくれるわけでもないし、二番目の女にされてしまうのがオチですね」(31歳/女性/飲食)

「彼女とうまくいっていない」とか「彼女と別れるかも」といった言葉を使って、女性に近づいてくる男性には注意が必要です。本当にうまくいっていないのかもしれませんが、あなたを誘惑するためのウソである可能性も大。彼女と別れないままで、あなたにも手を出そうとするためのうまい口実なのかも。本当にその男性と付き合いたいのであれば、ちゃんと彼女と別れてくれるまでは、男女の仲にはなるべきではありませんよ。

■2.「お前しかいないんだ」

「『お前だけだよ』って言われると、すごくうれしくなっちゃうので、信用もしちゃいますよね。でも、色んな女性に同じことを言っている可能性もかなり高い言葉ですよね」(26歳/女性/歯科衛生士)

「俺にはお前しかいないんだ」なんて大事な言葉を、いとも簡単に口にするような男性は危険です。率直に言葉で伝えてくれる誠実そうな人ほど、こういう言葉を、後ろめたさもなく誰にでも言えちゃう男性かもしれません。女性からすると、すごくうれしいし安心感を与えてくれる言葉なので、ホッとできたりもするものですが、そういう気持ちも、全てわかったうえで言っている可能性もあるかも…。

■3.「絶対に何もしないから」

「『何もしないから!』って言って、本当に何もしない男ってまずいないですよね。下心が見え見えすぎて、私はこのセリフを言われた瞬間に、その男を大嫌いになりますね」(28歳/女性/ネイリスト)

女性をホテルや部屋に連れて行きたいとき、男性がよく言いがちなセリフがコレ。これはやはり、「エッチがしたい」という思いが強いからこそ、出てしまう言葉でもあるでしょう。一緒にいたいだけであるなら、別に部屋にあがらなくてもいいはず。部屋にあがりたいというのは、下心があるからこその思いなので、この「何もしない」はまず信用できないでしょうね。

■4.「もう二度としません」

「女遊びをする度に、『もう二度としないから』って謝ってくるけど、これほど信用できない言葉はないですよね。すでに二回も浮気しといて、よく言えるなって思います」(27歳/女性/広報)

浮気の謝罪をするときに、「もう二度としません」と言う男性は多いでしょう。ただ、この言葉を鵜呑みにして安易に許してしまうと、男性もそこまで深く反省しなくなってしまいます。二度としないと言いながら、また浮気がバレて泣きついてくるなんてこともよくあるので、簡単に信用してはダメ。「謝れば何とかなる」なんて、男性に思われてもしまいますよ。

■おわりに

男性の言葉を簡単に信用してしまうと、痛い目にあってしまう可能性だってあります。全てを疑う必要はないですが、口先だけの言葉にはだまされてしまわないように注意してくださいね。 (山田周平/ライター)

(ハウコレ編集部)