F1オフシーズンといえば、例年、特にビックニュースもなく静かに時が過ぎていくことがほとんどでしたが、今回は違いました。

2016年悲願のワールドチャンピオンを獲得したニコ・ロズベルグ選手の電撃引退に始まり、バルテリ・ボッタス選手のメルセデスへの移籍、フェリペ・マッサ選手の引退撤回などなど。過去、ここまで目まぐるしいシーズンオフがあったのかと思ってしまうほど、たくさんのニュースが飛び交いましたね。

1

その中でも一番のビックニュース言えるのが、リバティ・メディアによるF1買収。そしてF1界の重鎮、バーニー・エクレストンがCEOのポジションを退き、新たに名誉職に就くことが正式に発表されたこと。

バーニーがF1界に残した功績と罪過を、2月16日(木)発売の「F1速報2017年シーズン展望号」で検証してみましょう。

■バーニー・エクレストンの功罪

バーニーは1970年代初めにブラハムを買収してチームオーナーになったが、当時F1はテレビ中継がほとんどなく、シーズンの全戦を放映するテレビ局もなかった。また、放映権の契約は一戦ごとで、プロモーターはその契約からわずかな収入しか得ていなかったのだ。しかし、76年の秋になると、イギリスとヨーロッパの一部の国々で、F1のテレビ中継への関心が急激に高まった。

その年の8月1日、ニキ・ラウダはニュルブルクリンクでクラッシュし、マシンが炎上するという大きなアクシデントに見舞われたが、驚くべきことに顔面の火傷ですっかり人相が変わったラウダは、7週間後にはレースに復帰する。

ラウダとジェームス・ハントのタイトル争いはシーズン最終戦である初開催の日本(F1世界選手権インジャパン)に持ち込まれ、彼らが富士スピードウェイに到着した時点で、ハントはラウダを3ポイント差まで追い込んでいた。そうした経緯があって、イギリスのBBC放送とヨーロッパのいくつかのテレビ局は、ぜひともこのレースを生中継で放送したいと考えたのだ。彼らは、当時まだ結成されてまもないFOCA(フォーミュラワン・コンストラクターズ・アソシエーション)と契約を交わし、チームの人々もささやかな放送権を手に入れられた。

しかし、他のチームのオーナーが「テレビ局から金をもらえば、それで話は終わり」と考えていたのに対し、バーニーだけはもっと先を見ていた。バーニーは、まずF1世界選手権のテレビ放映権をまとめて100万ドル(当時約2億9000万円)で買い取ると、他の9人のチームオーナーに話を持ちかけた。各国のテレビ局とグランプリ主催との交渉は彼が一括してとりまとめ、それぞれが10万ドル(当時約2900万円)を出資して、テレビ放映権収入の10パーセントずつ受け取るという提案だった。ところが、誰ひとりとして、バーニーのオファーを受け入れなかった。10万ドルの投資額は大きすぎると考えたからだ。そして、バーニーは自分自身に100万ドルを払い、放映権収入の全額をその懐に収めることになった……。

バーニーがブラハムを買収したばかりの頃は、まだチームが個別に各国のレース主催者と交渉してスタートマネーを受け取っていた。そして、主催者の払う金額に不満があれば、そのレースには出場せず、同じ週末に別の場所で行われるノンチャンピオンシップレースやF2のレースに出たりしていた(当時は多くのチームがF1以外のカテゴリーにも関わっていた)。毎年1、2戦だけに参加するプライベーターも大勢いたことから、フィールドの陣営はレースごとに異なり、フェラーリでさえ、何か気に入らないことがあればレースを欠場することが年に1、2回はあった。

また、71年のF1カレンダーを見ると、グランプリは年間わずか11戦で、ヨーロッパ以外の地域でのレースは3戦しかなかった。しかも、開幕から7カ月後にはシーズンが終わってしまい、カレンダーにはたとえば、次のレースまで6週間も空くような大きなギャップがいくつもあったのだ。

こうした状況を現在のようなかたちに変えるのは、さすがのバーニーでも一朝一夕にできる仕事ではなかった。しかし、テレビ放映権の収入によってFOCAがようやく現実的な力を持つようになると、彼はその未来に向けてのビジョンを次々と実現し始め、79年までにF1は大きく様変わりしていた。

まず、わずかな例外を除いてF1に出場できるのは選手権の全戦にエントリーしたチームだけになり、一戦限りの参加はほとんど見られなくなった。テレビ局との契約は共通の基準に基づいて交わされるようになり、グランプリの週末のスケジュールは統一された。フライアウェイレースへの機材の輸送も全チーム分が一括で手配され、F1は一式揃ったかたちで街へ来てくれるサーカス団のようなものになった。

いつも同じ顔ぶれの熟練したスタッフが仕事をこなし、どこのサーキットへ行っても同じようにレースができるようになったのだ。そして、テレビ局はシーズン全戦を生中継するのが当たり前になり、バーニーが来た時にはまだマニア向けのマイナースポーツだったF1は、世界中で多くの人々が観戦するグローバルスポーツのひとつに成長した。

70年代始めにはマシン1台とドライバーを含めて8人のチームメンバーがいれば、世界選手権でレースができた。だが、今ではトップチームは総勢1000人にも迫る大組織となっており、この業界はバーニーが来た当時と比べると、少なくとも100倍の雇用を生み出していることにもなる。

また、F1は単に規模が大きくなっただけではなく、世界的な広がりも見せてきた。現在、F1はアフリカ大陸を除く世界各地(ヨーロッパ、南北アメリカ、中東、東南アジア、極東、オーストラリア)で開催され、それを世界中で100以上のテレビ局が生中継し、4億以上の視聴者が観戦している。

しかし、自分の周囲に信頼できる人間だけを置いてきたバーニーは、部下に権限を移譲できず、彼が職を追われた時点でFOGにスポンサーシップ担当の職員は一人しかおらず、マーケティングを受け持つものはひとりもいなかった。個人的なコネクションを使ってスポンサーを獲得する世から移り変わって、スポンサーシップ契約がより複雑なものになると、もう昔ながらのやり方は通用しなくなっていたのだ。そして、最終的にはそれが彼の時代の終焉につながった。

しかし、彼がほとんどゼロから育て上げたビジネスの代価として、リバティ・メディアが80億ドル(約8945億8000万円)もの大金を喜んで支払ったのは、バーニー・エクレストンがF1で素晴らしい仕事をしてきた何よりの証拠だ。彼が残した遺産はこのスポーツに関わる人によって守られ、称えられていくだろう。(F1速報2017年シーズン展望号より)

自身3度目のワールドチャンピオンを獲得するために、マクラーレン・ホンダへやってきたフェルナンド・アロンソ選手。契約最終年、アロンソ選手が描く大いなる野望にせまります。

■マクラーレン+ホンダ3年目の期待と野望

アロンソは、ソーシャルメディアでのコミュニケーションに熱心なドライバーのひとりだ。彼には大勢のファンがいて、約245万人の人々がアロンソのツイートをフォローする。フェイスブックでは180万人が彼に「いいね!」をしているし、インスタグラムでは120万人の人々が、彼が新しい写真やショートムービーを上げるのを待っている。

だが、このところ彼は沈黙を守っており、新しいメッセージの投稿はほとんどない。いったいどうしてしまったのだろうか。アロンソは言う。

「2017年の新たなチャレンジに向けてこの1カ月間、みっちりと体とメンタルのトレーニングをしていたんだ。」

アロンソ自身、もっと多くのタイトルを獲得したいと熱望している。だが、「現実的であることを忘れてはいけない。トップ10にもなかなか入れないようなマシンに乗っている時は、優勝を望んでも不満が募るばかりだ。」と彼は言う。

「大きな望みを持って、17年シーズンの開幕を迎えたい。目標はマクラーレン・ホンダが常勝チームに帰り咲けるように、できる限りの努力をすること。僕がこのチームに来たのは、マクラーレンとホンダが手を組むなら、タイトルを勝ちと獲るのに必要なものは全部揃うと確信したからだ。誤解を恐れずに言えば、昨年は自分でこれ以上はないと思えるドライビングができた。実際、僕個人のパフォーマンスという点では、キャリアを通じて3本の指に入るシーズンだったんだ。」

アロンソは、折に触れて現在のF1マシンを批判してきた。

「デビュー当時のマシンが懐かしいよ。あの頃のマシンを乗りこなそうと思ったら、本当にハードなトレーニングをする必要があった。首の筋肉も鍛えないといけないし、しっかりとした体を作るために絶えず努力をしていたものだ。だが、最近はジュニアフォーミュラから上がってきたドライバーでも、すぐに先輩たちい劣らないタイムが出せてしまう。」

アロンソによれば、最近のマシンは彼がこうあるべきと考えるF1からは、むしろ遠のいているという。

「僕らはいつも何かをセーブしながら走っている。タイヤを温存したり、燃料を使い過ぎないようにしたり、エネルギー回生量に注意を払ったりとかね。でも、そういう走り方は、レーサーの本能に逆らうものだ。特にカートに乗ったりすると、それを強く感じることになる。カートならずっと限界ギリギリのドライブを続けて、20周でも連続でベストからコンマ2秒以内のタイムを出せる。ところが、F1ではタイヤの状態によって、ラップタイムが6秒も7秒も落ちたりするんだ。そういう時は本当にイライラさせられる。だから、F1がまた以前のように速くなって、ドライバーにとって体力的に厳しくなるのなら僕はうれしいよ。そして、大局的な視点で僕らが世界にどんなイメージを発信しているかということも、考えに入れる必要がある。そろそろ変革を起こすべき時期だったんだ。」

「毎年ラップレコードが更新された時代のF1マシンが好きだったと、僕が言い続けてきたのは事実だ。けれども、現在のマシンに批判的だったからといって、自動的に話を引退に結び付けるのはどうかと思うよ。いずれは僕にもF1を去る日が来る。だけど、それがいつになるかは、まだ分からない。それ以前にまず、僕は17年の新しいマシンがどんなものなのか、早く知りたくて仕方がないんだ。」

(F1速報2017年シーズン展望号より)

誰もが「現在の最高ドライバー」と称賛するアロンソ選手。ドライバー本能むき出しで、マシンがどんな状態であっても最大限のパフォーマンスを出して走る姿は本当にかっこいいですよね。また、そんなかっこいい一面もありながらソーシャルメディアでは思わずクスリと笑ってしまうような投稿をアップするところも、ファンが多い理由のひとつではないでしょうか。

マクラーレン・ホンダのエース、アロンソ選手と期待の新人ストフェル・バンドーン選手で今シーズンこそマクラーレンホンダを復活させてほしい! そして、アロンソ選手のチャンピオン獲得をもう一度見てみたいです。

さて、いよいよ次号(3月4日発売)は、プレシーズンテストで現れたNEWマシンを一挙公開する「NEWマシン情報号」です。シーズン開幕も目の前! 早くレースが見たくて、ウズウズしてきました!!

(yuri)

アロンソが考えるF1マシンの「あるべき姿」とは?【F1速報×F1女子〜2017年シーズン展望号〜】(http://clicccar.com/2017/02/18/446015/)