一時は同点となるゴールを奪った浦和レッズFW武藤雄樹

写真拡大

[2.18 富士ゼロックススーパー杯 鹿島3-2浦和 日産ス]

 前半は沈黙していた。なかなか攻撃の形を創出できない浦和レッズは、PA内に進入する回数が限られる。前半に放った3本のシュートもすべてミドルレンジからのものだった。自身のシュートもゼロに終わったFW武藤雄樹は、停滞した前半を振り返る。

「前半は攻撃が組み立てられなかった。もう少し前が収めないと後ろも入れづらい。あれだけカウンターを食らってしまうと厳しいと思うので、もう少し前線が頑張らないといけない」

 しかし、後半開始とともにFW李忠成に代わってFW興梠慎三が投入されると、高い位置で基点が生まれてゴールに迫る場面を増やしていく。「真ん中の1トップ+2シャドーがうまくいかないと、サイドも機能しない。後半は少し収まり始めたのでサイドも空いてきたと思う」。中央でボールをキープして相手を食い付かせ、スペースの生まれたサイドから敵陣深くへとボールを運んで徐々に好機を生み出していった。

 後半29分にはFW興梠慎三が自ら得たPKを沈めて1点を返すと、直後の同30分には武藤が魅せる。右サイドからMF関根貴大が送ったクロスをFWズラタンが合わせたヘディングシュートはポストに弾かれたものの、こぼれ球にいち早く反応した武藤が蹴り込んで一時は同点となるゴールを記録した。

「ボールがこぼれてきたので、しっかり決めるだけだった。ラッキーと言えばラッキーだけど、ああいうゴールを決めるのは自分の特長の一つ」。後半38分に鹿島に決勝点を献上して2-3で敗れ、悔しさを滲ませつつも、「今年最初の公式戦でゴールを奪えたので少しホッとした部分もある」と語ったアタッカーは、続くACL初戦、そしてJ1リーグ開幕戦でのゴール奪取を狙う。

(取材・文 折戸岳彦)