習近平国家主席は17日、パキスタン南部シンド州セフワンで発生した大規模なテロ事件を受けて、同国のマムヌーン・フセイン大統領にお見舞いのメッセージを送った。資料写真。

写真拡大

習近平国家主席は17日、パキスタン南部シンド州セフワンで発生した大規模なテロ事件を受けて、同国のマムヌーン・フセイン大統領にお見舞いのメッセージを送った。

習主席はメッセージの中で、「貴国のシンド州セフワンで起きた大規模なテロ事件が発生し、多数の死傷者が出たことを聞いて非常に驚いている。中国国民はパキスタン国民の遭遇した不幸な事件に深く同情を示す。私は中国政府と中国国民を代表して、また個人の名前で、犠牲者に深い哀悼の意を表し、負傷者とその家族に心からのお見舞いを申し上げる」と述べた。

また習主席は、「中国はあらゆる形のテロリズムに反対し、今回のテロ事件を強く非難する。中国はパキスタンがテロ対策、国家の安定維持、国民の生命・安全の保護のために行う努力を引き続き確固として支持する」と述べた。(提供/人民網日本語版・編集KS)