ついに日本版誕生!

写真拡大

 ミュージカル「ビリー・エリオット〜リトル・ダンサー〜」の製作発表会が18日、都内にて行われ、応募総数1,346人、約1年をかけて実施されたレッスン形式のオーディションを勝ち抜き主人公ビリー役に抜てきされた加藤航世(13歳)、木村咲哉(10歳)、前田晴翔(12歳)、未来和樹(14歳)がパフォーマンスを披露した。この日は4人のほかに、キャストの吉田鋼太郎、益岡徹、柚希礼音、島田歌穂、久野綾希子、根岸季衣、栗山廉、大貫勇輔も出席。4人の堂々たる歌や踊りを見ていたビリーの父親役の吉田は「感動してみんな涙を見せていました」と絶賛していた。

 本舞台は、2000年に公開され大ヒットした映画『リトル・ダンサー』を原作としたミュージカル。映画で監督を務めたスティーヴン・ダルドリーが演出、音楽をエルトン・ジョンが担当した。イギリス・ロンドンでの初演以来、トニー賞をはじめ、全世界80以上の演劇賞を獲得し、世界で1,000万人以上を魅了し続ける話題作。今回が日本初演となる。

 パフォーマンスを終えた加藤、木村、前田、未来の4人。加藤は「出る前は緊張していましたが、踊っているときは楽しく、最後は拍手してもらえてうれしかった」と語ると、木村も「最初は緊張していましたが、自分でもいい踊りができたと思います」も笑顔。前田は「緊張していて覚えていないのですが、いい気分でした」と恥ずかしそうに語ると、未来は「4人で長い間コツコツと練習を頑張ってきたことが1つの形となって披露できて感動しました」と喜びを表現していた。

 ビリー役を得た子役以外のキャストも一流ぞろいだが、すべてオーディションで選ばれた。劇団四季の看板女優として活躍していた久野は、ビリーの祖母役として参加。「久々のオーディションで緊張しました」と語るも「吉田さんや益岡さんがわたしの息子の役なんて、そんな年になってしまったんだなって思いました」と発言し、会場を笑わせていた。

 舞台俳優として実績のある吉田は「世界中で絶賛されているミュージカルに何で僕が……というアウェー感はありますが、参加できて光栄です。僕はビリーがお父さんから『踊るな』と言われたことで絶叫してタップを踊るシーンが大好きなんです。さすがシェイクスピアを生んだ国だな〜って感じました。そういった魂の叫びや主張が前面に出るようなお芝居になれば」と期待に胸をふくらませていた。(磯部正和)

ミュージカル「ビリー・エリオット〜リトル・ダンサー〜」は7月25日〜10月1日まで東京・赤坂ACTシアター、10月15日〜11月4日まで大阪・梅田芸術劇場で上演