▽18日に日産スタジアムで行われたFUJI XEROX SUPER CUP 2017、鹿島アントラーズvs浦和レッズは 3-2で鹿島が勝利した。

▽試合後の記者会見に鹿島の石井正忠監督が出席。新シーズン最初のタイトル獲得を喜ぶとともに、新戦力への手応えも感じたことを明かした。

◆石井正忠監督(鹿島アントラーズ)

「この大会6度目となるタイトルを獲れて嬉しく思います。浦和との試合は難しくなると分かっていましたが、後半は自分たちの守備の対応がうまくいきませんでいた。前半から支配される展開でしたが、そこを上手く耐えていました。相手の背後に出る動きは前半からあったので、そこで点を獲る形ができました。後半もそうしようと思いましたが、失点して、同点に追いつかれてしまいました。そこから少し押し込まれましたが、ラッキーな形で追加点が獲れました」

「タイトルを獲ったことで、リーグ戦、ACLに向けては弾みをつけられる試合になったと思います。新しいチームになって、1つタイトルを獲ったことが、この先良い形に繋がると思っているので、タイトルを獲れて良かったです」

──今日は4名の新しい選手が出場しましたが評価をお願いします

「もう少し時間がかかると思っていましたが、試合を通して戦術の理解を高めていくという今日のパフォーマンスも非常に良かったです。今日は出場しませんでしたが、レアンドロや金森(健志)など新しい選手の能力を今までのチームに融合させながら、高いレベルのサッカーをしたいなと思います。まだまだですが、1つ成果が出たことは良かったと思います」

──新しい選手が入ったことでの競争意識が上がったと思うがどうなのか。また決勝点を記録した鈴木優磨の評価

「トレーニングからその意識は非常に高まっています。紅白戦を見ても内容も良いですし、チーム力もこの短期間でも高まったと思います。これが続けば良いと思います。逆に能力があっても試合に出られないことが多くなってくるので、その辺りのコミュニケーションをとっていく必要があると思います」

「優磨は得点に絡む仕事はしてくれていますが、全体を通して見ればプレーの精度は、判断の部分は向上していけると思います。まだまだこれからじゃないかなと感じています」

──鹿島アントラーズにとってタイトルというのはどういったものか

「常にこのクラブはタイトルを獲ることが求められています。タイトルを獲ることで見えるものも確実にあります。タイトルを獲ることでチーム力、クラブの力が大きくなっています。これは獲って見ないとわからない嬉しさなどもあり、1つタイトルを獲ることで、もう1回、同じ大会でも2回、3回と欲しくなります。そういった気持ちを持たせてくれるのがタイトルだと思います」

──鹿島アントラーズは移籍した選手の個人能力がチーム力になるようなサッカーをしていると見ていて、浦和レッズとは違う印象がある。どのように感じているか

「浦和のサッカーはある程度形があって、その形にハメられると、うちもピンチになります。今日もそうです。上手く対応できないと崩されてしまいます。サッカーの試合は相手も居ることなので、色々な状況が起こります。そこをゲームに出ている選手が判断しないと崩せないと思います」

「そういった点で、うちはベーシックなサッカーをやっています。その中で様々なタイプの選手が入ってきたときに、今まで居た選手がその選手の特徴を出そうとプレーできることは大きな点です。今回はペドロ(・ジュニオール)、レオ(・シルバ)、(三竿)雄斗がサイドバックにいます。そして、日本語もまだあまりできない(クォン・)スンテがGKに入りました。それでも、今までと同じような形でサッカーができたのは、今まで居た選手たちのサポートがあったからだと思います。そこの違いはあるんじゃないかなと思います」

「型にハマらず、守備の約束事はある程度ありますが、攻撃面での自由度は他のチームより高いと思います。もっと良い試合ができると思うので、今の段階では完成度は低いです。もっと高いところを目指したいと思います