“人材難”の韓国、羽生フィーバーに嫉妬? 「4大陸選手権は日本の宴に」

写真拡大

来年に平昌五輪控えて停滞する韓国、メダル候補不在…「予想された現実」

 韓国・江陵で開催されているフィギュアスケートの4大陸選手権。17日に男子シングルのショートプログラムが行われたが、俄然注目されているのは羽生結弦だ。

 まさに今、韓国は“羽生フィーバー”と“羽生特需”に沸いている。連日、韓国メディアでも22歳の日本人の話題は大きく報じられているが、韓国側が最も驚いているのが、羽生に熱狂する日本人ファンとメディアの熱気だ。

 スポーツ総合サイトの「SPOTV NEWS」は「“羽生の応援”日本国旗の波、江陵は日本のホームグラウンド?」という見出しで、羽生の日本での人気ぶりを詳細に伝えている。

「日本の多くのファンは国民的スポーツの英雄、羽生結弦を応援するために駆けつけた。アイスアリーナは日本の国旗がなびいていた」とし、大会関係者の話では「おおよそ4000人の日本人ファンが江陵に訪れている」という。

 応援に駆けつけたファンの数だけでなく、同サイトはメディアの多さからも羽生の日本での人気を確認していた。

韓国とは対照的な“現住所”…「4大陸選手権大会は日本の宴になってしまった」

「メディアセンターには日本人記者が最も多く、その媒体数は約30社」と、その数の多さに驚いていた。また、大会関係者が確認したところによると「記者、カメラマン、スタッフ、関係者などを合わせると100人はいる」という。

 同サイトはこうした現象を「日本のフィギュアスケートの熱気の“現住所”を知ることができる」とまとめている。

 ただ、日本のフィーバーぶりとは対照的に、寂しいのがメダル候補の韓国人選手がいないことだ。キム・ヨナが引退した後、韓国フィギュアスケート界は停滞。キム・ヨナに続く韓国期待の星と言われるパク・ソヨンは大会ポスターには出ていたが、ケガで今大会には出場していない。

 今大会、4大陸選手権のショートプログラムで善戦したのは17歳の女子シングルのチェ・ダビン、男子シングルのイ・シヒョンだったが、もちろんメダル圏内ではない。

 同サイトは「五輪メダル候補がいない韓国。予想された現実」と小見出しをつけ、「平昌冬季五輪のテストイベントでもある4大陸選手権大会は日本の宴になってしまった」と締めくくっている。

金 明碰●文 text by Myung-wook Kim