決勝点のFW鈴木優磨がDF山本脩斗とハイタッチ

写真拡大

[2.18 富士ゼロックススーパー杯 鹿島3-2浦和 日産ス]

 途中出場での決勝点にも表情は浮かなかった。鹿島アントラーズのFW鈴木優磨は2-0の後半20分から途中出場。チームはその後、2失点して追いつかれたが、後半38分、相手のミスを突いて勝ち越しゴールを奪った。

「自分が出てから2点やられた。今までも途中出場はあったけど、自分が出て2点も取られるのは初めてかなと思う」。自分がピッチに入ってからチームは2失点し、2-2の同点に追いつかれた。最後は自らのゴールで競り勝ったとはいえ、「体も張れなかったし、点を取っただけという感じ」と素っ気なかった。

 得点シーンは相手のミスを見逃さなかった。DF山本脩斗が自陣からロングフィードを送ると、鈴木の前に体を入れたDF遠藤航がGK西川周作にバックパス。しかし、これが短くなり、鈴木がすかさず体を入れ替えて左足でゴールに流し込んだ。

「(相手が)バックパスをミスったので。スタジアムは水をまいていなかったので、ピッチが止まりやすいのは把握していた。そこを狙ったらうまくいった」

 ピッチ状態も頭に入れたうえでのゴールへの嗅覚。ストライカーらしく、一瞬の隙を突いた。得点後はゴール裏のサポーターの前へ走っていき、今季から付ける背番号9を誇示。「今年から9番になったので、ちょっとそれをアピールしようと」。キャンプからの好調をしっかりと今季初の公式戦につなげた。

 タイで行われたアジアチャレンジ、DAZNニューイヤー杯宮崎ラウンド、いばらきサッカーフェスティバルと、プレシーズンマッチで5試合に出場し、5得点。「ゴールする感覚はあるし、それが今、点につながっていると思う」と、21日開幕のACL、25日開幕のJ1リーグに向けて順調な仕上がりを見せている。

「ここから連戦になるので、全員で乗り越えないといけない。チーム全員でやっていきたい」。まずは中2日でACL蔚山現代戦。その後も中3日でJ1FC東京戦、中2日でACLムアントン・ユナイッド戦、中3日で甲府戦と続く。「もっと圧倒して全タイトルを取れるようにがんばります」。Jリーグ連覇、そして悲願のアジア制覇へ、昨季の2冠王者がまず一つ目のタイトルを獲得した。

(取材・文 西山紘平)