告白のきっかけは? 「友達から恋人」になる方法と長続きのコツ

写真拡大

長い間、友達関係でいたけれど、ふと気づいたら好きになっていた……なんて経験、ありませんか? 男友達に恋をしてしまったとき、悩むのは告白するべきかどうか。告白したことで今の関係が壊れるのは嫌だけど気持ちを隠して友達でいつづけることもできないものですよね。そこで今回は、そんな悩める女性たちに、「友達から恋人になるきっかけ」や、「友達から彼女に昇格できる女性の特徴」、「カップルになったあとの長続きのコツ」などを、経験者や男女の意見をもとにご紹介したいと思います。

<目次>
■「友達から恋人」になったことがある女性の実態
・「友達から恋人」になったことがある女性の割合って?
・友達関係だった期間は?
・告白はどちらから?
・告白した・された「きっかけ」とは?
■男性の本音から探る「友達から恋人」になる方法
・「友達から恋人」に昇格できる女性の特徴
・「友達から恋人」に関係を発展させるための方法
■「友達から恋人」になったカップルの長続きのコツ
・「友達から恋人」になったカップルは長続きする?
・「友達から恋人」になったカップルのメリット
・「友達から恋人」になったカップルのデメリット
・「友達から恋人」になったカップルの長続きの秘訣って?
■まとめ

■「友達から恋人」になったことがある女性の実態

一緒に過ごすと楽しい友達。恋人にはない魅力あふれる存在ですよね。いつでも気軽におしゃべりしたり、遊びに出かけたり……。とても幸せな時間を過ごせます。しかし一度自分の「本心」に気付いてしまうと、その「友達」という立場が、思わぬ足かせになってしまうことも……。「友達」という安定した立場をすでに手に入れているからこそ、「その先」に進むべきか否か迷ってしまう!? 実際に「友達から恋人」になったことがある女性たちの割合や、告白時のエピソードについて紹介していきます。

◆「友達から恋人」になったことがある女性の割合って?

まずは、「友達から恋人になる」という難しいステップを、実際に経験したことがある女性の割合についてです。アンケートで聞いてみましょう。

Q.あなたは、友達関係だった男性と恋人になったことがありますか?

ある(35.8%)
ない(64.2%)
(※1)有効回答数369件

友達関係だった男性と恋人になった経験がある女性は、約3人に1人。「意外と多い!」と感じた方も多いのではないでしょうか。女性たちの実体験をもとに考えるなら、「友達から恋人になる」という方法は、決して不可能ではないと言えそうです。

デリケートな恋を成就させるためには、どのような手順で恋を進めていくのかが重要なポイントとなるはず。次はこんな視点で、経験者の声を聞いてみます。

◆友達関係だった期間は?

まず気になるのが、「みんなはどれくらいの友達期間を経て、恋人へと進展しているの?」という点です。短すぎると関係が深まりにくく、かといって長すぎるときっかけそのものを失ってしまいそうなのですが……恋の成功者のみなさんの実体験をランキング形式で紹介します。

Q.友達関係だった期間はどれくらいですか?

第1位「半年未満」(28.0%)
第2位「半年以上〜1年未満」(17.4%)
同率2位「1年以上〜2年未満」(17.4%)
(※1)有効回答数132件(友達関係だった男性と恋人になったことが「ある」と回答した女性)。単数回答式、4位以下省略・その他除く

第1位は「半年未満」、そして第2位は「半年以上〜1年未満」「1年以上〜2年未満」と、比較的短い期間を挙げる意見が、ランキング上位を占める結果となりました。やはりダラダラと友達関係を続けていくと、「気を許し過ぎた姿」も見せられるようになってしまい、友達として心の距離が近付く一方で、恋愛対象からはかけ離れてしまうこともありそうです。

友達から恋人になりたいなら、友達期間が長くなり過ぎないうちに、きっかけを探した方が良さそうですよ。

◆告白はどちらから?

友達から恋人になるためのきっかけと言えば、ずばり「告白」です! どんな恋も、まずは「自分の気持ち」を正直に伝えなければ話が進んでいきません。「友達だからこそ伝えづらい」ということもあるかと思いますが……成功カップルのみんなは、彼女と彼氏、いったいどちらの方から告白したのでしょうか。

Q.告白はどちらからでしたか?

自分(20.5%)
相手(79.5%)
(※1)有効回答数132件(友達関係だった男性と恋人になったことが「ある」と回答した女性)

なんと8割近くの女性が「相手からの告白」をきっかけにして、友達から恋人へ変化しているようです。男友達を好きになり、アプローチをしたら、「どうやって相手からの告白を引き出すのか」という点が鍵になるのかもしれませんね。

◆告白した・された「きっかけ」とは?

「告白」を恋の転機にするために、難しいのは「どうやってそこまで持ち込むのか」という点です。告白のきっかけとなった具体的なエピソードについて、友達関係だった男性と恋人になったことがあると回答した132名の女性に聞いてみました。「告白した」「告白された」それぞれの立場で紹介していきます。(※1)

<「告白した」女性のきっかけ>

1)確信

・「どちらも気になってるのがわかってて曖昧な関係が続いていたのが面倒になったから」(30歳/不動産/営業職)

・「しばらく好きで、でも振り向いてくれると思えなかったので諦めかけていたとき、ほかの友達がいろいろ聞き出してくれて、実は私に気があるということがわかったから」(24歳/その他/クリエイティブ職)

2)抑えきれない思い

・「どうしても一緒にいたいくらい大好きだったから」(25歳/情報・IT/技術職)

・「好きが溢れたときに勢いで言った」(23歳/医療・福祉/専門職)

3)二人きりの時間

・「具体的なデートに出掛けたから」(33歳/不動産/専門職)

・「二人だけで遊びに行ったことがきっかけとなった」(29歳/運輸・倉庫/その他)

<「告白された」女性のきっかけ>

1)フリーになって

・「自分が付き合っていた彼氏と別れたこと」(27歳/団体・公益法人・官公庁/専門職)

・「彼氏と別れたことを何気なく伝えた」(34歳/自動車関連/技術職)

2)はなればなれに

・「お互い学校を卒業して離れ離れになることがわかったとき」(28歳/機械・精密機器/その他)

3)相談

・「別れ話の相談を受けていて、だんだんお互いが相性がいいのではないかと思って」(28歳/情報・IT/事務系専門職)

・「相手が前の彼女とうまくいってなかったときに、別の相談を受けたりしたとき」(33歳/その他/その他)

4)自然に

・「お互いに自然とそう思っていた。自然に好きだよって言葉が出てきた」(34歳/機械・精密機器/事務系専門職)

・「ごはんを食べに行く事が増えて、いつものようにお夕飯を一緒に食べた日の帰りに言われた。きっかけは不明」(34歳/団体・公益法人・官公庁/その他)

「告白した」人も「告白された」人も、普段とは違う姿に触れた瞬間が、特別な感情を抱くきっかけになることも多いようです。また「友達同士」の中には、「単にタイミングが合わなかっただけで、実はお互いに好意を抱いていた」というパターンも少なくないはずです。このような場合には、タイミングが訪れた際に、自然と恋がスタートすることも多いと言えそう。自分から告白するには勇気が足りない……! というときには、「デートに誘ってみる」「フリーをアピールしてみる」など、「今、タイミング的にOKよ」とアピールすると効果的かもしれません。

■男性の本音から探る「友達から恋人」になる方法

友達関係を卒業し、恋人関係に至るためには、女性側のひとり相撲ではどうにもなりません。大切なのは、「男友達側の本心」も考慮して、恋を進展させていくことでしょう。男友達に直接聞くのは難しいポイントだからこそ……! アンケートで男性意見を聞いてみましょう。

◆「友達から恋人」に昇格できる女性の特徴

友達から恋人に昇格するのは、決して簡単なことではないはず。「友達としてならいいけれど、彼女としては無理だな」と思うこともあるでしょう。では反対に、イマドキの男性たちはどんなタイプの女性であれば、「友達から恋人への昇格」が可能だと考えているのでしょうか。男友達に恋する女性必見の情報を、3つまとめて紹介します。(※2)

1)女としての魅力を感じるか

・「自分にとって女性らしさがある女性、例えば手料理ができるといった家庭的な人。女性としての魅力を感じるから」(26歳/小売店/販売職・サービス系)

・「色気があり、自分のものにしたいと思えて、自分のタイプならいくらでも恋人候補になります。ただ好きになった人がいるとその人しか見えなくなります」(31歳/小売店/販売職・サービス系)

・「普段は、友人の関係でいいたいことを言ってるが、突然女らしさが出る」(31歳/その他/事務系専門職)

2)気遣いがあるか

・「元気がないときや落ち込んでいるときに元気づけられたとき」(36歳/機械・精密機器/技術職)

・「思いやりがある人だと感じられたとき。それが、自分に対してだけでなく、まわりの人の全員にだったら、言うことないです」(39歳/機械・精密機器/技術職)

3)居心地がいいか

・「性格がよくて自分との相性がよかったら」(24歳/電機/その他)

・「自分が安心してすべてを任せることができる」(30歳/医療・福祉/その他)

一度「友達」になった相手を、「異性」として意識するためには、やはりそれなりの「インパクト」が必要なのでしょう。女性としての色気や優しい気遣いのほか、「あれ? なんだかこの子、居心地がいいな」と感じさせるのもひとつの方法。自分ならではの魅力を探してみるのがオススメです。

◆「友達から恋人」に関係を発展させるための方法

上の特徴に当てはまっていても、油断は禁物。いったん「友達」という関係で落ち着いてしまうと、「わざわざ二人の関係を変える」ためにはかなりのパワーが必要となります。恋を進展させるために女性がすべきことについて、男性意見を聞いてみました。(※2)

1)積極的なアプローチ

・「相手へのアプローチが必要だと思います」(39歳/医療・福祉/専門職)

・「明らかに自分は意識をしているんだということを態度や言葉で示す」(37歳/不動産/販売職・サービス系)

2)身だしなみに気を付ける

・「だらしのない姿を見せないよう気を付ける」(29歳/医療・福祉/専門職)

・「結構真剣に色んな話をする、会うときの化粧、服装を変えてみる」(28歳/商社・卸/営業職)

3)適度な距離感を保つ

・「友人だからと言って、何でもかんでも自己主張しすぎないこと。ちょっとした愚痴や悪口を言うことが、(本人は気づかなくとも)男性からは大きなマイナスとして映っているから」(32歳/情報・IT/技術職)

・「マンネリ化せずにフレッシュな関係作りをがんばる」(33歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

恋のきっかけをつかむためには、女性側の努力も必須だと言えそうですね。「恋愛対象」としての魅力をアピールしたら、自分からの働きかけもがんばってみて。「友達」という立場だからこそできることも多いはずです。まずは自分自身が、「友達でいられたらそれでいい」なんて気持ちから卒業することが必要なのかもしれませんね。

■「友達から恋人」になったカップルの長続きのコツ

苦労して友達から恋人になったら、「この恋を手放したくない!」と思う方も多いはずです。友達から恋人同士になった場合、交際の雰囲気はどのようなものになるのでしょうか。長続きさせることは可能なの? 恋が成就した先の気になるポイントについても、疑問を解消していきましょう。

◆「友達から恋人」になったカップルは長続きする?

まずは女性たちの実感についてです。ずばり、友達という段階を経て恋人同士になった二人は、長く交際しやすいのでしょうか。

Q.「友達から恋人」になったカップルは長続きすると思いますか?

思う(69.6%)
思わない(30.4%)
(※1)有効回答数369件

7割近くの女性が「長続きすると思う」と回答しました。それぞれの理由も詳しく解説します。

<「長続きする」と思う理由>

1)気楽だから

・「恋人からスタートすると、背伸びしすぎて、自分の弱さをさらけ出しづらいけれど、友達からスタートだと、付き合い始めには大体お互いの悪い面も知っている分、気を楽にして付き合えそう」(32歳/医療・福祉/専門職)

・「友達として過ごしてきた時間が長い分、ありのままの自分を見せられる気がするから」(27歳/学校・教育関連/専門職)

2)すれちがいが少ない

・「お互いの好みや行動をある程度知っているうえで付き合うので、付き合い始めてからの『イメージと違う』が少ないと思う」(32歳/医療・福祉/販売職・サービス系)

・「共通の友達ばっかりだから遊ぶときは一緒に遊べるし知り尽くしているから」(25歳/食品・飲料/販売職・サービス系)

3)趣味や価値観が合う

・「趣味とかも合いそうだから色々楽しめることが多い」(31歳/その他/その他)

・「友達でもあると言うことは、一緒にいて心地いいはず。悩みも気軽に言えそうだし、なによりも楽しいときに一緒に楽しめそうだから」(28歳/小売店/販売職・サービス系)

<「長続きしない」と思う理由>

1)今さら感

・「いちゃいちゃしてるのが馬鹿馬鹿しくなりそう」(28歳/建設・土木/秘書・アシスタント職)

・「あまりにも長い間知り合いの関係だとワクワク感が生じないから」(25歳/学校・教育関連/専門職)

2)ギャップに戸惑う

・「友達としての相手のイメージがあるので、それと違った悪い所が見えると、何も知らないところから始めた人よりショックが大きそう」(28歳/建設・土木/秘書・アシスタント職)

・「友達と恋人は違うからギャップが出てくると思います」(32歳/その他/営業職)

3)マンネリしそう

・「お互いに心を許しすぎてダラダラしてマンネリ化しそう」(28歳/医療・福祉/専門職)

・「ダラっとした感じがありそうだから」(32歳/その他/事務系専門職)

恋人同士の別れの原因と言えば「すれちがい」や「背伸びをし過ぎて自分をさらけ出せない」ことが挙げられます。友達スタートであれば、これらのリスクは回避できます。それだけでも、別れに至る可能性は低くなるのかもしれませんね。マンネリ感や「友達感情からの脱却」にさえ注意していれば、末永くいい関係を築けるのかもしれません。

◆「友達から恋人」になったカップルのメリット

次は、「友達から恋人」になれた場合に受けられる恋のメリットについてです。友達以外から恋人同士になった場合と比較して、「友達⇒恋人」のステップにはどんないいことがあるのでしょうか。女性たちの実感を、エピソードで聞きました。(※1)

1)仲間を交えてワイワイできる

・「お互いのことをたくさん理解しあえること。仲間同士で集まってワイワイできること」(32歳/運輸・倉庫/事務系専門職)

・「お互い共通の友達がいるので何かあれば仲間が協力して助けてくれそう。喧嘩したときとか。結婚式とか」(30歳/ホテル・旅行・アミューズメント/販売職・サービス系)

2)思い出がいっぱいある

・「思い出がたくさんあること。友達としてと恋人になってからと」(22歳/学校・教育関連/専門職)

・「意識していない間に話した何気ない会話も覚えているから」(34歳/建設・土木/事務系専門職)

3)人間的に信頼できる

・「人間として惹かれているので一時の情熱が冷めても長く愛情をはぐくめると思う」(31歳/その他/その他)

・「信頼があり、中身を知っているから安心感ありそう」(32歳/建設・土木/事務系専門職)

友達から恋人へとステップアップするメリットは、ずばり「よく知っている相手と、穏やかな愛を育んでいけること」でしょう。もともと友人同士であれば、仲間同士ワイワイした集まりも継続していけるはず。「異性の友達関係」で揉めることもないのかもしれませんね。

◆「友達から恋人」になったカップルのデメリット

どんな恋の方法にも、メリットがあればデメリットもあるはずです。一見すると「いい面」が強調されがちな「友達から恋人へのステップアップ」ですが、デメリットはあるの? こちらも女性たちの実感を教えてもらいました。(※1)

1)照れてドキドキしなそう

・「ムードが作れない。笑ってしまう」(24歳/警備・メンテナンス/クリエイティブ職)

・「ドキドキ感がなさそう。チューとかできなさそう」(28歳/金融・証券/専門職)

2)知りたくないことを知ってしまう

・「何でも知りすぎなため、元カノもわかる」(32歳/医療・福祉/専門職)

・「知りすぎていて、お互いのプライバシーまで踏み込む危険があると思いました。その結果、喧嘩になる可能性があると思います」(31歳/運輸・倉庫/事務系専門職)

3)別れたあとも関係を断てない

・「別れたとき、周囲の人間関係が気まずい。友人たちの結婚式で再会し近況を知らせ会うときや、何もなく完全に友人関係でも、相手の結婚式に招かれると相手のパートナーのことを思うと行きづらい」(34歳/人材派遣・人材紹介/技術職)

・「別れたときのことを考えると周りの環境のその後」(33歳/医療・福祉/専門職)

こんなタイプの恋愛の最大のデメリットと言えるのが、「知りたくないことまで見えてしまう」という点かもしれませんね。特に嫉妬深い女性は要注意です。また、別れたあとに、本当に「友達」に戻れるのかどうかも難しいポイント。下手をすると、彼氏を含む友人関係のすべてを失いかねません。

◆「友達から恋人」になったカップルの長続きの秘訣って?

では最後に、はれて「友達から恋人」になれた際の長続きの秘訣についてです。友達から恋人になり、その恋を失ってしまったとしたら……それは「友達」をも失うということ。恋も友情も大切にするためには、どんなことを頭に入れておけばいいのでしょうか。基本に立ち返って、恋の秘訣を伝授していただきましょう!(※1)

1)干渉しすぎない

・「お互い干渉しすぎない。もうお互い知り得てるので、深入りしすぎる傾向」(24歳/医療・福祉/専門職)

・「縛らない。交遊関係など。友達時代と変わらないようにする」(32歳/小売店/販売職・サービス系)

2)マンネリに気を付ける

・「お互いに気持ちを伝え合う機会を作ったりしてマンネリにならないようにする」(28歳/その他/販売職・サービス系)

・「つい気を許しすぎて、マンネリ化しそうなので、定期的におしゃれをして出かけたりなにかイベントを作ると上手くいきそうな気がする」(28歳/医療・福祉/専門職)

3)恋人らしいことを意識的にする

・「たまに待ち合わせデートをして恋人らしいことをたくさんする」(31歳/建設・土木/事務系専門職)

・「友達から恋人になったら、恋人としての行動とか気持ちをなかなか素直にできなかったり伝えられなかったりしそうだけど、それを恥ずかしがらずにきちんと表現することが大事だと思う。適度に、緊張感をもって、友達のときとは違うおしゃれをしたり、甘えてみたりすること」(32歳/学校・教育関連/専門職)

友達から始まる恋を長続きさせるためのコツは、お互いへのドキドキ感を忘れないこと、そして恋人になったからといって、途端に相手を束縛しないことだと言えそうですね。友達としての良さと恋人としての良さ、両方を併せ持つカップルになれれば最強だと言えそうです。

■まとめ

友達から恋人を目指すことは、決して不可能なことではありません。それどころか、こんな恋にしかないメリットも多数あると言えそうですね。もちろんデメリットもありますが、みんなの意見を参考にすれば、避けられる危機も多いはずです。「女として見てほしい!」と思ったら、まずは行動を開始してみてはいかがでしょうか。

(ファナティック)

※画像はイメージです

(※1)マイナビウーマン調べ
調査日時:2017年2月9日〜2月10日
調査人数:369人(22〜34歳の女性)

(※2)マイナビウーマン調べ
調査日時:2017年2月9日〜2月10日
調査人数:386人(22〜39歳の男性)