写真提供:マイナビニュース

写真拡大

女優の小芝風花が18日、都内で行われた映画『天使のいる図書館』の初日舞台あいさつに、香川京子、森本レオ、ウエダアツシ監督とともに登壇した。

同作は、奈良・葛城地域観光協議会で昨年4月に発足された「葛城地域観光振興シネマプロジェクト」の企画により製作。葛城地域に実在する図書館が舞台となり、主人公の新人司書・吉井さくら(小芝)が、図書館に来た老婦人の願いをかなえたり、さまざまな人々と交流したりしながら、地域の歴史や文化を理解し、成長していく様子を描く。

全国公開初日を迎えた心境を聞かれた小芝は「(先行公開した)奈良県で全部で6回、舞台あいさつをさせていただいたんですけど、地元の方がたくさん来てくださって、映画を見終えた方も笑顔で迎えてくだったので、東京の皆さんには『どうぞ!』ってドンとお見せできるんじゃないかなと思います」と自信を覗かせた。

小芝と共演したことについて香川は「長いセリフがあるんだけど、すぐに覚えてしまって、私にはとってもできないので、若さっていいなって思いました」と吐露して会場を沸かせ、「(小芝と同じ年の頃は)私なんかぼんやりして舞台であいさつなんかとてもできなかったのに、とてもしっかりしていらして、現代の若い人ってすごいなという印象でした」と絶賛。

そんな香川について小芝は「大事なシーンで気持ちが作れなかったときに、香川さんが私にだけ聞こえる声で繰り返しセリフを言ってくださって、すごく感動しました。こんな女優になりたいって心から思いました」と羨望の眼差しで見つめると、香川は「あれは小芝さんのためだけではなく、文学的なセリフが多くて覚えられなかったから自分のためにもやったの」と謙遜しつつも、「そばにいた小芝さんが少しでも助かったのならよかったです」と優しい笑顔を見せた。

また、森本も「天才なんだよね、この子」と小芝を評し、「長いセリフはパンパン覚えるし、役者筋肉みたいなものがすごくあって、役が要求していることを一瞬でスパーンと掴んじゃうんですけど、自分でも掴んでいるのに気が付かないままバーンとぶつけてきて、どんどん膨れていくすごい(役者)筋肉を持っている」とべた褒め。「彼女はこれからいい旅をして、いい恋をして、いい映画をいっぱい見たら、すごい女優さんになると思いますね」と期待を寄せた。大先輩の2人から大絶賛を受けた小芝は「恐れ多いですけど頑張ります」と恐縮し、「こんなに褒めていただけると思っていなかったので、ソワソワしています(笑)」と照れ笑いを浮かべていた。