写真提供:マイナビニュース

写真拡大

俳優の山崎賢人と女優の川口春奈が18日、都内で行われた映画『一週間フレンズ。』(2月18日公開)初日舞台挨拶に、共演の松尾太陽、上杉柊平、高橋春織、古畑星夏、戸次重幸、村上正典監督とともに登場した。

原作は、葉月抹茶が漫画誌『月刊ガンガンJOKER』(スクウェア・エニックス)で連載し、2014年にTVアニメ化もされた同名コミック。過去のある出来事をきっかけに月曜日になると友達に関する記憶を失ってしまう女子高生・藤宮香織(川口)と、そんな香織をひたむきに思い続ける心優しい同級生・長谷祐樹(山崎)の切ない青春物語が描かれる。

同作の公開を記念して、村上監督からキャストに「いちフレ・公開記念証書」の授与が行われた。また、W主演となった山崎と川口は互いのメッセージ入りの証書を交換することになった。

まず山崎から川口に証書が渡されたが、山崎は「公開記念しょうしょう……証書!」と、初めからカミカミで会場はを見守りモードに。さらに「現場ではいろいろありがとう。ユーモアたっぷりな春奈ちゃん最高!」と、全力でシンプルなメッセージを贈り、笑いが起こっていた。

一方川口は、「公開記念証書。あなたの長谷くんにいっぱい助けられました。本当にありがとう」と真摯なメッセージ。「人としても役者としても、本当にまっすぐで、全力で嘘がない賢人さんが大好きです。ありがとう」と、愛情たっぷりに締めくくり、W主演の2人は固く握手を交わした。