べたぼめされた小芝風花(左から2人目)

写真拡大

 「魔女の宅急便」「あさが来た」の小芝風花が主演した映画「天使のいる図書館」が2月18日、東京・シネマート新宿で封切られ、小芝をはじめ共演の香川京子、森本レオ、メガホンをとったウエダアツシ監督が舞台挨拶に立った。客席からの万雷の拍手に出迎えられた小芝は、胸に手を当て「一気に心拍数が上がっております」と感激の表情を浮かべた。

 奈良県葛城地域にある実在の図書館を舞台に、新人司書・さくら(小芝)の成長を描いたハートフルドラマ。さくらを導く老婦人に扮した香川は、小芝に向けて「若いっていいなと思いました。すごく長いセリフがあったんですが1回でスッと覚えていて、私にはとっても出来ない。私もデビューしたのが18歳くらいですが、私なんてぼんやりして、舞台挨拶なんてとてもできなかったのに、しっかりしている。現代の若者はすごい」と称賛の言葉を並べた。

 これに小芝は、撮影時を振り返り「ちゃんと気持ちがつくれず、スタッフさんや共演者さんを待たせてしまうことがありました。すると香川さんが、私の気持ちが入りやすいように、私にだけ聞こえる声でセリフを繰り返し言ってくださったんです。すごく感動して、こんな女優になりたいと心から思いました」とニッコリ。香川は「小芝さんのためだけではないのよ。私のほうのセリフも長くって。国語の先生をやっていたという設定もあり、文学的な言葉ばかりで覚えられなかったんです」と謙そんしたものの、ウエダ監督は「2人の姿が映画のワンシーンのようで、本当に美しかった。大先輩から女優としてのエールを送っているように見えて、スタッフ全員感動しておりました」と目を細めていた。

 そんな香川の行動の根底には、ある思いがあったようだ。「私の若いころの先輩たち、田中絹代さん、高峰秀子さん、山田五十鈴さんたちがとても親切にしてくださったので、私も後輩にはそう接しようと教えられたんです。素晴らしい先輩に恵まれ、私も成長できましたので、私にできることがあったらまたお話したいです。小芝さんはどんどん伸びていく。楽しみにしております」とエールを送った。

 さらに森本も、小芝を「天才なんだよね、この子」と絶賛。「長いセリフもパンパン覚える。この子は“役者筋肉”がとても良くて、役が要求していることを一瞬でスパーンとつかんで、無意識にバーンと表現してしまう。いい旅をして、いい恋をして、いい映画をいっぱい見たら、すごい女優になるよ」と続けると、小芝は「恐れ多いです、こんなに褒めてもらえると思っていなかったので、そわそわします」と恐縮しきりだ。一方で森本は、ウエダ監督に対しては手腕を褒めつつ、「顔が大泉洋」と評していた。