松尾雄治氏が営む東京・西麻布のダイニングバー

写真拡大 (全2枚)

 今後日本で行われる大きなスポーツイベントといえば、2020年の東京五輪が真っ先に挙げられるが、その前年にはラグビーのワールドカップ(W杯)も日本で開催される。前回のイングランド大会で、日本代表が強豪の南アフリカから劇的勝利を収め、“五郎丸フィーバー”に沸いたのは記憶に新しいところだ。

 そこで、日本ラグビー界の「レジェンド」として知られる元日本代表の松尾雄治氏(63)に、W杯への期待や、昨年53歳の若さで急死した戦友・平尾誠二氏との思い出、自ら経営するダイニングバーでの幅広い交友録などを聞いた。

 * * *
──いよいよ日本開催のラグビーW杯まで1000日を切りましたが、どんな心境ですか。

松尾:日本でラグビーのワールドカップが行われるなんて大変な機会だから、やっぱり良い大会にしてほしいというのが本音だよ。

 ただ、ラグビーはルールがどんどん変わるし、国と国との戦いが楽しみなワールドカップだけに、日本代表に外国人選手を何人入れるのかという問題もあるでしょ。どうしても体格のいい外国人をたくさん入れたほうが強いんだから。

──とはいえ、日本チームが快挙を成し遂げた前回のW杯では、小柄な田中史朗選手が巨体の選手に果敢にタックルしに行くなどガッツ溢れるプレーで、多くの感動を呼びました。

松尾:日本人の諦めない気持ち、粘り強いプレーが観客にも伝わったよね。本来、ラグビーの応援は、どこの国に行っても勝ち負けの問題ではなく、好プレーが出たら、例え相手チームの選手でも惜しみない拍手を送り、怠慢なプレーに対しては全員がブーイングするもの。

 でも、いまの時代はどうしても勝ち負けの結果がすべてでしょ。マスコミの盛り上げ方にも問題があるんじゃないかな。

──日本大会では、全国12会場の中に東日本大震災で被害を受けた岩手・釜石市のスタジアムも選ばれました。現役時代、新日鉄釜石で長らくプレーしてきた松尾さんにとっても、感慨深いのでは?

松尾:釜石には9年もいて、第二の故郷みたいなもんだからね。震災後も新日鉄ラグビー部のOBらで被災地支援の「スクラム釜石」を結成して、チャリティートークショーには、大畑(大介)君やマコーミック、平尾(誠二)なんかも来てくれたんだ。

 少しでも地元の人たちを元気づけたいと思ってきたから、ワールドカップの開催で、さらに復興に弾みがつけばいいなと、心から願っていますよ。

──松尾さんとともに1980年代の黄金期を支えた平尾さんが突然亡くなり、W杯を控える日本のラグビー界にとっては大きな損失となりました。

松尾:今でこそラグビーにもプロの道が開けて活躍する選手も出てきたけど、昔から日本のラグビー界は閉鎖的なところがあって、「ラグビーは大学まででいいんじゃないか」と話す人がいたぐらい。それじゃ、野球やサッカーのように子供たちに夢や希望を与えるスポーツにはならないよね。もちろん、お金を稼ぐことだけがすべてじゃないけど。

 そんな中で、平尾は協会側に入って、内部からラグビー界を変えていこうと頑張っていたし、僕は外で暴れ回っていろんな情報発信をしながら、時には平尾に教えたりもした。そうやって「お互いに役割分担をしてラグビー界を盛り上げよう」という暗黙の了解ができていたんだ。だから、彼を失って本当に残念でならないよ。

──松尾さんはテレビやラジオに出演したり、4年前から東京・西麻布でダイニングバーを経営したりと多方面で活躍され、スポーツ界のみならず様々な業界の人たちと幅広い交友関係を築いています。それもラグビー改革や普及活動につながっているのですね。

松尾:そればっかりじゃないよ。これは僕と同じくラグビーをやっていた親父の教えでもあるんだけど、一度チームから離れたり、監督を辞めたりしたら、二度と大きな顔をするなと。

 今までの僕のラグビー人生は、親父に言われて子供のころからレールに乗せられてラグビー漬けの毎日を過ごしてきただけ。現役を辞めた後も親父の会社に入って社長までやってね。

 その後は、芸能活動をやりながら、ビートたけしさんなどに助けてもらって今がある。でも、いったい自分はラグビーがなくなったら本当は何をしたいんだろう──と真剣に考えていたんだよね。ちょうど8年務めた成城大学のラグビー部監督を辞めたのが59歳だったから、60歳を機に違った生き方もしてみたいと思ったんだ。

 そんな時、中学時代からの旧友が「雄治、お前店でもやってみたらどうだ? みんなで応援するし、いつでもみんなで会える」とアドバイスしてくれてね。確かにこれまでのラグビー生活や芸能生活で、恩返ししたい人はたくさんいたし、長らく会いたくても会えなかった友達もいる。東京で飲食店を開けば、そうした仲間たちと交流できるしね。

──店は基本的に松尾さんの知人か、その紹介でなければ入れない会員制とのこと。スポーツ界だけではなく、いろいろな業界の有名人も多く訪れるのではないですか?

松尾:そんなこともないけど、これまでいろんな人が「松尾の店で飲もう」とこの店を選んでくれてね。もちろん平尾も毎年来てくれたし、元オリンピック選手やサッカー選手、プロ野球選手もこれまでたくさん来てくれたよ。

──お酒の強い芸能人もいらっしゃると思いますが、松尾さんも付き合うのですか?

松尾:僕は新日鉄をやめる30歳までお酒はほとんど飲めなかったんだよ。特に試合の前なんかにお酒を飲んだら大変。興奮して眠れない。

 芸能活動をするようになってからは、大橋巨泉さんや松方弘樹さんといった酒豪の人たちと飲む機会も多くて、ずいぶん鍛えられたよね(笑い)。そうはいっても、今でも店ではハイボールを5、6杯飲む程度だけどね。

──たばこは吸いますか?

松尾:僕は吸わないけど、店も特別禁煙にはしてない。一緒に来たグループの皆がたばこを吸えば、自由に吸って構わない。でも、何人もたばこを吸わない人がいたら、気を使って隅のほうで吸ったり、外に出て吸ったりするのは当たり前のマナーだと思うから、いちいち規制もしてないよ。

 たばこだけの問題じゃなく、僕が注意しなければならないほどマナーの悪いお客さんには来てほしくないし、店とお客さんは対等な関係であるべきで、一緒に店を良くしたいっていう気持ちが強い。

──W杯開催に伴う経済効果は2330億円なんていう予測も出ています。松尾さんのお店もますます賑わいそうですね。

松尾:ウチは儲けは度外視なの。だってワインにシャンパン、ウイスキーなんかが飲み放題だけじゃなく、カレーライスみたいな食べ物もついて5500円なんだから。

 昔、高倉健さんが主演した映画『現代任侠史』の中で、寿司屋でお代を払えなくなった客に、高倉健さんが「はい、お一人様1000円で4000円いただきます」というシーンがあって、ものすごく心に残っているんだよ。だから、自分の店もお金のない人からはお金を取らないシステムにしようと(笑い)。

──店の経営だけではなく、2019年に向けてマスコミで松尾さんの出番も増えそうですね。

松尾:僕は店を開店して4年間、休んだ日は数日しかないほど、ほぼ毎日店には来てる。マスコミへの出演は、今も毎週テレビの生放送があったり、4月からラジオ番組が始まったり、その他、講演会やいろんな予定が入っていて寝る暇がない日もあるけど、そういう活動を続けているのは、ラグビー界への思い入れがあってこそ。

 報道が少なくなることでラグビーというスポーツを忘れてほしくないし、もっともっと子供たちに「やってみたい」と思ってもらえたらいいなと。

──松尾さんがいた新日鉄釜石は、当時、日本選手権7連覇という偉業を成し遂げました。2019年のW杯では松尾さんのような伝説に残るようなスター選手がたくさん出てほしいですね。

松尾:僕なんか体は小さいほうだったし、当時のメンバーのほとんどが高校の3軍出身のような無名選手で恵まれてなかった。でも、新日鉄に入って、他の社員と同じように仕事をしながら、日々過酷な練習メニューをこなす。僕も現場の新人研修や人事の仕事をやったりしたからね。もちろん、ラグビーをやってるからって、特別手当もないしね。

 7連覇を成し遂げたのは奇跡に近かったと思うけど、それだけ皆が血のにじむような努力した結果だと思うんだ。

 いずれにしても、今度のW杯は、いろんな意味で日本ラグビー界の正念場になるよね。勝っても負けても試合の内容が問われるだろうし、その後のプロ化の体制づくりも含めて、どれだけアマチュアスポーツの域を超えられるかの方向性も見えてくると思う。

──敢えて日本代表はどこまで勝ち進んでほしいですか。

松尾:ベスト4ぐらいまでいってくれたら最高だよね。勝っても負けても多くの国民に感動を与えるような大会になれば、それだけでも大きな収穫なんじゃないかな。

●まつお・ゆうじ(スポーツキャスター)/1954年東京都生まれ。小学校からラグビーを始め、1975年に明治大学を初の日本一に導く。新日鐵釜石では1979年から選手、主将、監督兼選手として社会人選手権、日本選手権で不滅の7連覇を達成。

撮影■山崎力夫