13日にマレーシアのクアラルンプール国際空港で起きた金正男氏殺害事件で、マレーシアの警察当局は北朝鮮のパスポートを持つ男を逮捕した。

マレーシアの英字紙、ニュー・ストレート・タイムズによると、警察当局は17日午後11時ごろ、クアラルンプール南部のクチャイ・ラマ通りのコンドミニアムで、1970年5月6日生まれのリ・ジョンチョル名義の北朝鮮パスポートを所持していた男を逮捕した。

同紙はまた、ソファーに倒れ込んだ金正男氏の画像を紙面と動画で公開した。

画像には、紺色のTシャツ、ジーンズ姿で、右手を上げた状態でソファーに倒れ込んだ金正男氏が映っている。動画には「金正男氏の最期の姿、毒を盛られて数分後、クアラルンプール国際空港LCCターミナルのクリニックでぐったりしている」とのキャプションが付けられている。