NCT DREAM マーク、制服姿でラップの実力を披露…“公平な評価を受けたい”

写真拡大

NCT DREAMのマークがついに「高等ラッパー」に出演した。

韓国で17日に放送されたMnet「高等ラッパー」第2話で、マークはソウル江西(カンソ) 地域代表選抜戦に参加した。ソウル公演芸術高等学校の制服を着てステージに上がった彼は、すでにデビューしているプロらしい優れたラップの実力で現場を圧倒した。

NCT DREAMでラップを担当しているマークは予想より優れた実力の持ち主だった。彼は「アイドル出身ではなく、高等学校2年生として、他の参加者と公平に評価を受けたい」と話した。

Swingsは「ライム(韻を踏むこと) が全くない。次には気を使わなければならない」と厳しい評価をし、Deepflowは「ラッパーに期待するトーンを持っている。しかし、緊張していたようだ」とコメントした。

マークは6位になった。