途中出場の鈴木がバックパスをかっさらって決勝点を決めた。写真:茂木あきら(サッカーダイジェスト写真部)

写真拡大

[FUJI XEROX SUPER CUP 2017]鹿島3-2浦和/2017年2月18日/日産スタジアム

【PHOTO】XEROX 鹿島 3-2 浦和|鈴木優磨の決勝ゴールで鹿島が勝利!

 昨季Jリーグ王者の鹿島は4-4-2を採用し、GKクォン・スンテ、最終ラインは左から三竿雄斗、昌子源、植田直通、三竿雄斗。中盤は2ボランチに小笠原満男とレオ・シルバ、左MFに遠藤康、右MFに土居聖真が入り、金崎夢生とペドロ・ジュニオールが2トップを組んだ。

 
 対する浦和は3-4-2-1で、GKに西川周作、3バックは左から宇賀神友弥、遠藤航、森脇良太。2ボランチを阿部勇樹と青木拓矢が組み、左ウイングバックに菊池大介、右ウイングバックに駒井善成。2シャドーに李忠成、武藤雄樹、1トップにズラタンが入った。
 
 ファーストシュートを放ったのは鹿島だ。左サイドで起点になった金崎が、土居とのワンツーでエリア内に侵入。角度のないところから右足を振り抜いた。これはGK西川にセーブされたが、良い形の攻撃だった。
 
 一方の浦和は右サイドの駒井にパスを供給し、ドリブル突破で打開を図る。15分には駒井が対面の三竿を翻弄し、惜しいクロスを供給した。
 
 20分、鹿島が決定的な場面を作る。金崎が高い位置でボールをカットし、フォローしたL・シルバがドリブルで持ち上がる。このブラジル人ボランチによるP・ジュニオールへのラストパスは上手く通らなかったが、こぼれ球を拾った遠藤から金崎へと渡り、金崎が強烈なミドルシュートを放った。しかし、これを浦和のGK西川がファインセーブ。ゴールには至らない。

 さらに28分、右サイドを起点に鹿島がチャンスを作る。セカンドボールを拾った西が、エリア内のP・ジュニオールにスルーパス。P・ジュニオールはシュートを打ち切れなかったが、フォローした遠藤がこぼれ球を拾って横パスを送り、小笠原がダイレクトでミドルを放った。惜しくも枠を外れたが、ゴールになってもおかしくない場面だった。
 
 試合は35分を過ぎて0-0。浦和は時折サイドから流れるような攻撃を仕掛けるが、ラストパスやシュートの精度を欠いて決定的なチャンスを作れない。やや鹿島が優勢に試合を進める。
 
 そして迎えた39分、ついに試合の均衡が破れた。先制点を挙げたのは鹿島の遠藤だ。エリア付近で得たFKで自慢の左足を振り抜き、ゴール右隅に突き刺した。このゴールでリズムに乗った鹿島は、直後の38分にも土居がポスト直撃のシュートを放つなど、浦和を圧倒。

 さらに43分には、L・シルバのパスから土居→金崎とつながり、金崎がシュート。ポストに当たって撥ね返ったところに遠藤が詰めて、2点目を叩き込んだ。

 試合はそのままハーフタイムへ。鹿島の2点リードで前半を折り返した。

 後半開始から浦和は李に代えて興梠慎三を投入。選手交代で打開を試みる。狙いはある程度奏功し、自在にポジションを変える興梠を起点に攻撃の圧力を強めた。そして59分、ズラタンがポストプレーから武藤とのワンツーでゴール前に抜け出し、決定的なチャンスを迎える。シュートは枠を外れたが、ゴールが少しずつ近づいてきた。
 
 62分、浦和にビッグチャンスが訪れる。中央で細かいパスをつなぎ、右サイドでフリーになった駒井に展開。駒井が精度の高いクロスを送ると、中央で待ち構えていたズラタンがヘッドで合わせた。GKクォン・スンテが飛び出していたため、枠に飛ばせばゴールという場面だったが、無念にもズラタンのシュートはゴール左に外れた。
 
 64分、浦和が2枚代え。駒井に代えて長澤和輝、菊池に代えて関根貴大を投入。すべての交代枠を使い切った。
 
 65分、鹿島が金崎に代えて鈴木優磨を投入する。直後には、その鈴木を起点に鹿島が鮮やかな攻撃を見せた。左サイドでボールを受けた鈴木が逆サイドへフィードを送る。これを受けた遠藤がマイナスのパスを送り、オーバーラップしてきた西がクロス。中央でフリーになった土居がヘッドで合わせた。GK西川の好セーブに阻まれたが、3点目が決まってもおかしくないシーンだった。
 
 浦和は直後の66分に反撃。攻めあがった森脇がミドルでゴールを襲う。これは左に外れた。
 
 69分、鹿島がL・シルバに代えて永木亮太を投入する。
 
 72分、浦和が反撃の狼煙を上げる。エリア内に侵入した興梠が、小笠原に倒されてPKを獲得。このPKを自ら沈めて1点差に詰め寄った。さらに浦和は75分、関根のクロスをズラタンがヘッドで合わせる。これはポストに阻まれたが、こぼれ球に詰めた武藤が同点ゴールを叩き込んだ。

 82分、鹿島が最後の選手交代。左SBの三竿雄を下げて山本脩斗がピッチへ。すると直後の83分、浦和DFのミスを突いて鹿島が追加点を挙げる。中盤からのフィードに反応した鈴木がボールを追うと、浦和DF遠藤がGKへのバックパスをミス。素早く反応した鈴木が、左足でゴールに流し込んだ。
 
 再びリードされた浦和はピッチをワイドに使ってサイドから攻撃を仕掛けるが、クロスは鹿島DFに撥ね返されてシュートに持ち込めない。89分には長澤がドリブルで持ち込んで中央を崩しにかかるも、最後のところで鹿島守備陣の網にひっかけられた。
 
 アディショナルタイムは4分。鹿島はきっちりと守備を固めて3-2で試合を終わらせた。昨年度のJリーグチャンピオンである鹿島が、ゼロックス杯を制した。