青森山田高校の住永翔【写真:Getty Images】

写真拡大

 U-18Jリーグ選抜と日本高校サッカー選抜による「NEXT GENERATION MATCH」が18日、日産スタジアムで開催され、高校サッカー選抜が4-0で快勝を収める結果に終わった。

 15歳ながらもJリーグ選抜に選ばれたFW久保建英(FC東京U-18)などに特に注目が集まったが、試合を優位に進めたのは高校選抜。前半を2点リードで折り返すと後半にも2点を加え、守ってもJリーグ選抜にゴールを許さなかった。

 高校サッカー選手権優勝校の青森山田から選出された同校主将のMF住永翔は、「4点取ったことも評価されると思いますが、守備陣がゼロに抑えたことが大きい」と試合後にコメント。Jリーグ選抜に「全体的にあまりシュートを打たせなかった」守備の奮闘に加え、相手のミスを逃さずにゴールを奪うなど「細かい部分」の差が大勝に繋がったと試合を振り返った。

 注目の久保については、「相手はJリーグ選抜ということで、久保選手だけが危ないわけじゃない」としながらも、特別な何かを感じさせる選手だったという印象も口にしている。「学年を感じさせないというか、中3と聞けば全世界が驚くようなプレーばかりだったので。ボールの持ち方とか、体の使い方というのが人とは違うと思います」

text by 編集部