畑岡奈紗は大失速… 2度のトリプルボギーで52位タイまで後退(提供:大会事務局)

写真拡大

<ISPSハンダ・オーストラリアン女子オープン 3日目◇18日◇ロイヤル・アデレードGC(6,681ヤード・73)>
米国女子ツアー開幕第2戦「ISPSハンダ・オーストラリアン女子オープン」の3日目。全選手がハーフターンし、米ツアー参戦後初の決勝ラウンドを戦っている畑岡奈紗が2度のトリプルボギーを叩くなど失速し、トータル2オーバー52位タイまで後退している。
【関連】ハイライトも充実!LPGAツアー動画はこちら
4アンダー20位から出た畑岡は2番から連続バーディを奪う好スタートを切ったが、続く4番のボギーを皮切りに、6番・後半11番でトリプルボギーを叩き、後半17番時点で2バーディ・2ボギー・2トリプルボギーと精彩を欠いている。
昨年覇者の野村敏京はこの日4ストローク伸ばし、トータル6アンダー7位タイと好位置でフィニッシュ。横峯さくらは1つスコアを伸ばし、トータル2アンダー23位タイで競技を終えている。
トータル9アンダー単独首位にポーナノン・パットラム(タイ)、1打差2位にオ・スヒョン(オーストラリア)、2打差3位タイにサラ・ジェーン・スミス(オーストラリア)、リゼッタ・サラス(米国)、マウベ・エイミー・ルブラン(カナダ)、ナンナ・マドセン(デンマーク)が続いている。
また、昨年の賞金女王、アリヤ・ジュタヌガーン(タイ)はトータル4アンダー14位タイ、世界ランク1位のリディア・コ(ニュージーランド)はイーブンパー38位タイで共にこの日を終えている。
<ゴルフ情報ALBA.Net>

詳しい順位はこちら!リーダーボードで速報中
昨年覇者・野村敏京、貫禄の6バーディに「良いゴルフが出来た」
米参戦後初の予選突破を果たした畑岡奈紗 次なる目標は?
ミズノの新『MP』は、『GBBエピック』のガチ対抗馬か!?
秘蔵オフショット写真続々追加!女子プロ写真館