日本高校選抜、町野のミドル弾など4ゴール圧勝…久保らJリーグ選抜を完封

写真拡大

 NEXT GENERATION MATCHが18日に行われ、U−18Jリーグ選抜と日本高校サッカー選抜が対戦した。

「FUJI XEROX SUPER CUP 2017」に先駆けて開催された同試合。35分ハーフで行われた。U−18Jリーグ選抜のスタメンには、FW久保建英(FC東京U−18)が起用された。久保とコンビを組んだのは、FW中村駿太(柏レイソルU−18)。その他、MF平川 怜(FC東京U−18)、MF藤本寛也(東京ヴェルディユース)らも先発出場している。

 一方の日本高校サッカー選抜は、追加登録となった青森山田高校のGK廣末陸(現FC東京)を先発起用。第95回全国高校サッカー選手権大会で得点王に輝いたFW鳴海彰人(青森山田高)やFW飯島陸(前橋育英高)、DF杉山弾斗(市立船橋高)らもスタメンに名を連ねた。

 試合開始から21分、日本高校サッカー選抜の鳴海のロングパスがゴール前にこぼれると、これにいち早く反応した町野修斗が豪快に左足を振りぬく。ボールはゴール右隅へ突き刺さり、先制点となった。

 勢いに乗る日本高校サッカー選抜は後半開始直後の37分、右サイドの三國スティビアエブスがクロスボールを上げると、鳥海芳樹がヘディングで合わせ、追加点となった。

 2点を追うU−18Jリーグ選抜は、52分に川村拓夢と瀬古歩夢をピッチへ送りこむ。

 それでも59分、日本高校サッカー選抜は途中出場の伊藤龍生が前線でパスカット。エリア内でGK若原智哉との1対1を落ち着いて制し、決定的な3ゴール目を決めた。

 さらに67分、日本高校サッカー選抜は松本泰志が伊藤とのパス交換でエリア右へ進入。そのままグラウンダーのクロスを上げると、安藤瑞季が押し込み、ダメ押しゴールとなった。

 試合はこのままタイムアップ。久保らU−18Jリーグ選抜の強力攻撃陣を完封し、日本高校サッカー選抜が4−0で勝利した。

【スコア】
U−18Jリーグ選抜 0−4 日本高校サッカー選抜

【得点者】
0−1 21分 町野修斗(履正社高)(高校選抜)
0−2 37分 鳥海芳樹(桐光学園高)(高校選抜)
0−3 59分 伊藤龍生(米子北高)(高校選抜)
0−4 67分 安藤瑞季(長崎総科大附高)(高校選抜)