▽18日、FUJI XEROX SUPER CUP 2017 NEXT GENERATION MATCHが日産スタジアムで行われ、U-18Jリーグ選抜vs日本高校サッカー選抜の試合は0-4で日本高校サッカー選抜が快勝を収めた。

▽試合後の記者会見に出席した日本高校サッカー選抜キャプテンの青森山田高校MF住永翔がコメント。4得点よりも無失点で試合を終えられたことを評価した。

◆MF住永翔(日本高校サッカー選抜/青森山田高校)

「このような素晴らしい環境でプレーできたことは一人ひとりにとってすごく良い経験になったと思います。0-4という結果ですが、途中から入ってきた選手が自分が何をすべきかと考えてプレーしてくれたことで、得点が生まれたと思います」

「4点を褒めることもですが、ゼロに抑えられたことはGKやバック陣を含め、1つの評価かなと思っています。その中でも1人1人の長所を場面場面で出せたと思います。そこにもっと磨きをかけて、この先ヨーロッパに行っても、もっと背の高い選手、早い選手がたくさん居ると思うので、その辺りを意識してトレーニングしていきたいと思います」

──前日会見でFW久保建英への対応の話が出ましたが、実際はどうだったか

「やってみて左足の技術や体の使い方、ボールの置く位置は上手いものがありました。ただ、もう少しボールが入る前に寄せたり、ボールを持たせる時間が長かったので、もう少しプレス、アプローチを早くして、簡単に仕事をさせないようにしたかったです。流れの中で久保選手だけを見ることはできないです。ただ、ゼロに抑えられたことは1つ良かったのかなと思います。もっと仕事を減らす作業を、自分だけでなくチームとしてやらなければいけなかったと思います」