山崎賢人「春奈ちゃん最高!」

写真拡大

 俳優の山崎賢人が18日、都内で行われた映画『一週間フレンズ。』初日舞台あいさつに登壇し、W主演を務めた川口春奈への熱い思いを叫んだ。この日は、川口、松尾太陽、上杉柊平、高橋春織、古畑星夏、戸次重幸、村上正典監督も来場した。

 本作は、葉月抹茶よる人気コミックを実写映画化したもの。毎週月曜日になると友達のことを忘れてしまう少女・藤宮香織(川口)と、初めて会った日から彼女に惹かれ、何度忘れられても友達になることを諦めないクラスメート・長谷祐樹(山崎)が織りなす切なくも淡い恋物語。

 大歓声で迎えられた川口は「本編、どうでしたか?」と客席に投げかけ、盛大な拍手を受けると「あ〜、ありがとうございます」と安堵の表情。そして「わたしたちが全力で真っ直ぐ向き合った大事な作品なので、皆さんのもとに届けられて本当にうれしく思っています」としみじみと語った。

 また、MCから本作の試写を鑑賞した際、自身の作品で初めて号泣したことを明かされると、「鼻水を垂らして泣いてしまいました」と照れ笑いしつつ、「いつもは客観的に観られなくて、(演技について)反省だな……と思うことが多々あるんですけど、(本作は)みんながすごくいい表情をしていて綺麗な世界観で、純粋にいい作品だと思いました」と涙の理由を説明。続けて、「胸を張って、皆さんに早く観てもらいたいと思いました」と自信作をアピールした。

 イベントでは「“いちフレ”公開記念証書」の授与式も実施。キャスト陣が村上監督から証書を受け取る中、川口へは山崎が「現場ではいろいろありがとう。ユーモアたっぷりの春奈ちゃん最高!」というメッセージと共に授与。一方の川口も山崎へ「あなたの長谷くんにいっぱい助けられました。本当にありがとう。人としても役者としても真っ直ぐで全力で嘘がない賢人さんが大好きです。ありがとう」と感謝の言葉を添えて、証書を渡した。その後、笑顔でガッチリと握手をする二人の顔は充実感にあふれていた。(取材/錦怜那)

映画『一週間フレンズ。』は全国公開中