川口春奈&山崎賢人、お互いへの想いを告白!

写真拡大

葉月抹茶の人気コミックをで映画化した『一週間フレンズ。』の初日舞台挨拶が2月18日に新宿ピカデリーで開催され、川口春奈、山崎賢人、松尾太陽、上杉柊平、高橋春織、古畑星夏、戸次重幸、村上正典監督が登壇。川口が「まっすぐで全力で、嘘がない賢人さんが大好きです」と山崎への熱い想いを語った。

【写真を見る】川口春奈、背中チラ見せのワンピがセクシー!

本作は、一週間で友達の記憶を失くしてしまうヒロインと、何度忘れられても思い切って「友達になってください」と思いを伝え続ける青年が織りなすピュアなラブストーリー。この日は、川口と山崎が、本作品のキーアイテムである“交換日記”にちなみ、これまで一緒に歩んできたお互いへの想いを言葉にして交換することとなった。

山崎は「現場でいろいろとありがとう。ユーモアたっぷりの春奈ちゃん、最高!」と元気いっぱいに想いを伝え、川口と固い握手を交わした。

川口は「あなたの長谷くんにいっぱい助けられました。人としても役者としてもまっすぐで全力で、嘘がない賢人さんが大好きです」と告白し、「ありがとう」と感謝の一言。お互いへ捧げた熱い言葉に、会場からも拍手が沸き起こっていた。

川口は、自身の出演作を観て涙したのは、本作が初めてだということも明かした。「鼻水を垂らして泣いてしまいまして。すごく純粋に、本当にいい作品だなと思って。いつもは客観的に観られなくて『反省だな』と思うことも多々あるんですが、胸を張って早くみなさんに観てもらいたいと思った」と特別な作品となった様子だ。

山崎は「とにかくまっすぐに、どこでも全力でやるということを考えて演じた」と役作りについてコメント。「全力で、汗水を垂らしている方が、観ている人にも共感してもらえると思った。かっこ悪くてもまっすぐぶつかって行こうと思いました」と力強く話していた。

最後には、桜型のパネルを持った観客と一緒にフォトセッション。川口は背中チラ見せの白のワンピース姿を披露し、「かわいい!」と声援を浴びていた。【取材・文/成田おり枝】