写真提供:マイナビニュース

写真拡大

女優の川口春奈が18日、都内で行われた映画『一週間フレンズ。』(2月18日公開)初日舞台挨拶に、共演の山崎賢人、松尾太陽、上杉柊平、高橋春織、古畑星夏、戸次重幸、村上正典監督とともに登場した。

原作は、葉月抹茶が漫画誌『月刊ガンガンJOKER』(スクウェア・エニックス)で連載し、2014年にTVアニメ化もされた同名コミック。過去のある出来事をきっかけに月曜日になると友達に関する記憶を失ってしまう女子高生・藤宮香織(川口)と、そんな香織をひたむきに思い続ける心優しい同級生・長谷祐樹(山崎)の切ない青春物語が描かれる。

映画を見た川口は自分の出演作を観て、初めて涙してしまったという。川口は「隣に事務所の社長さんと観たんですけど、二人とも鼻水垂らして泣いてしまいまして……」と告白し、「純粋に、本当に良い作品だなと思って。みんな良い表情をしてて、綺麗な世界観で」としみじみと振り返った。川口は、普段は自分の出演する作品について「反省だなと思うことも多々ある」と説明しながら、同作については「胸を張って、みなさんに早く観てもらいたいなと思ってしまいました」と自信を見せた。

ドS男子などの役をすることも多い山崎は、今回まっすぐ男子を好演。「全力の方が、汗水たらしている方が、見てる人にも共感してもらえるかなと思って。かっこ悪くてもまっすぐぶつかっていくというのを頑張りました」と役作りを語った。