白石あさえの目指せコースデビュー! 連載●第45回 
〜カリスマコーチ内藤雄士がビギナーのために特別レッスン〜


  特別なことは必要なし。やってきたことを復習を

内藤雄士コーチ:以下内藤 いよいよコースデビューが近づいてきましたね。1年でしっかりスイングができて、これだけ飛ばせるようになったのはすごいことですよ。

白石あさえ:以下白石 今回もよろしくお願いします。本当ですか? 自分ではうまく振れているのかが、まったくわからないんですが。

内藤 実際にコースに出ると、うまくできることと、できないことが必ずあります。そして、次のラウンドに向けて、それを課題にまた練習すればいいんです。今回はコースデビューするにあたって、ラウンド前にやるべき練習について説明しておきましょう。

白石 スタート前にやっておくべき練習ってあるんですか?

内藤 そう。特に今のように寒い季節は体を温める意味を含めて、スタート前の練習は非常に大切です。白石さんの場合、ドライバー、ユーティリティ、ピッチングウェッジ(PW)、アプローチウェッジ(AW)とクラブを絞って練習してきましたから、基本的にはこの4本を練習場に持っていき、あとはパターがあれば、大丈夫です。

白石 練習するクラブの順番はどうすればいいんですか?

内藤 今までやってきたレッスンを思い出しながら、ドライバーから順に打っていきましょう。今回訪れたゴルフ場には、アプローチやバンカーの練習施設があるので、アプローチはそこを利用するのがいいでしょう。コースによっては、そのような練習施設はないので、その場合は打席で練習します。

白石 どれくらいの球数を打てばいいですか?

内藤 あくまでもスタート前のウォーミングアップなので、1カゴ(25~30球)で十分です。4本のクラブをまんべんなく打つようにしましょう。

白石 パターは何に気をつけて、練習すればいいですか?

内藤 これもレッスンでやったことをしっかり復習するだけです。できるだけカップまで平らでストレートなラインを探して、練習しましょう。カップインさせることに夢中になると振り方が崩れてしまいます。朝の練習グリーンはタッチを確認することが目的です。

白石 なるほど、流れはわかりました。コースデビューが近づいてきて、緊張してきました。

●アドレスを確認しながら、1球1球ていねいに打つ

これまで1年をかけてレッスンを受けてきた白石さん。4本のクラブを使って練習してきたので、スタート前もこの4本(ドライバー、ユーティリティ、PW、AW)を基本に練習を。
  

習った順番と同じく、ドライバーから練習を開始。ついつい飛ばしたくなるがその気持ちは禁物。振りすぎないように、アドレスを確認しつつ、自分のスイングを心掛けて。
  スコアを大きく左右するアプローチ。専用の練習施設があるところならば、そこで感覚をつかんでおきたい。
  パター練習ももちろん欠かせない。カップに入る、入らないよりもタッチや距離感をつかむことに徹して。
  

※連載「目指せコースデビュー」は今回で一旦終了します。近日、コースデビューの様子をアップする予定です。地道に練習を積んできた白石さんのデビュー戦のスコアは? 乞うご期待!

(内藤雄士プロフィール)
ないとう・ゆうじ●1969年生まれ。東京都出身。日本大学ゴルフ部出身。ゴルフ部在籍中に渡米し、アメリカの最新理論を習得。1998年にプロゴルファーを教えるツアープロコーチとして活動を開始。日本にツアープロコーチという概念を持ち込んだパイオニア的存在で、丸山茂樹の米ツアーでの活躍の立役者となった。その後も多くのプロのサポートを行なう傍ら、ジュニアゴルファーの育成にも積極的に取り組み、日本ゴルフ界の根本的レベルの底上げに尽力している。ゴルフを中心としたメディアでのレッスンのほか、ゴルフネットワークでのトーナメント解説など、活躍の場は多岐にわたっている。

(白石あさえプロフィール)
しらいし・あさえ●1991年生まれ。千葉県出身。一昨年、念願だったグラビアデビューを果たす。この冬も『週刊プレイボーイ』6号をはじめ、各週刊誌の表紙、グラピアページを飾っている。最近は地方競馬、「南関ガールズ」として、各種イベントにも多数参加。近況は公式ブログとインスタグラムに随時アップされるのでチェックを。ゴルフのほうは年末年始も練習を欠かさず、内藤コーチが目を細めるほどの上達ぶり。今春にはコースデビューできるはず!? 身長:164cm B:94 W:60 H:88 血液型:A型。

撮影協力/インペリアルゴルフガーデン(PGM)


■【内藤雄士ゴルフレッスン】記事一覧>>