『劇場版 ソードアート・オンライン -オーディナル・スケール-』の初日舞台挨拶が開催

写真拡大

川原礫による人気ライトノベルのテレビアニメを映画化した『劇場版 ソードアート・オンライン -オーディナル・スケール-』の初日舞台挨拶が、2月18日に新宿バルト9で開催。声優の松岡禎丞、戸松遥、神田沙也加、井上芳雄、鹿賀丈史、伊藤智彦監督が登壇した。

【写真を見る】神田沙也加、レースのミニワンピースが可憐!

アニメの大ファンである神田は、ユナ役のオファーが来た時、即決したことを明かした。「マネージャーさんの『ソードアート・オ…』くらいで『やります!』と言いました。役名も聞かないで(笑)。キャラクターとして存在できるだけでもうれしいけど、場面に合う曲も歌わせていただけた。良い思い出と宝物ができたなと」。

エイジ役の井上は「何で僕なんだろう?ドッキリなのかなと。僕は1曲も歌はなかったし。それでも呼んでいただき、うれしくなりました。知れば知るほどこんな大人気作品だと知って。まあ、沙也加ちゃんは歌ってますが僕は歌ってないので。あ、全然気にしてないです」と言って笑いを取った。

松岡は緊張気味に「若輩の身として言わせていただけたら」と前置きをした後「神田さんは別作品でごいっしょして、その時から上手い方だなと思いました」と称えると、神田は「恐れ多いです」と恐縮する。

主人公キリト役の松岡は井上についても「今回アフレコが初めてだったそうですが、堂々とされていた。最初の頃からどんどん吸収されていった」とべたぼめすると、井上も「うれしいです」と大喜びする。

さらに鹿賀については「最初から完成されすぎていた。掛け合わせをさせていただいて、これは勝てないですわと」とうなると、鹿賀は「そんなことはないですよ」と笑った。

アスナ役の戸松も3人との共演について「お名前を最初にお聞きした時、本当にうれしかったです。お三方と共演させていただく機会はなかなかないので。とても勉強させていただきました」と笑顔で感想を述べた。

『劇場版 ソードアート・オンライン -オーディナル・スケール-』では、近未来の日本を舞台に、人々を魅了するオーグマーと呼ばれるAR型情報端末を巡る陰謀が描かれる。テレビ版のキャラクターたちが続投したほか、主題歌もテレビ版同様に人気歌手のLiSAが担当した。【取材・文/山崎伸子】