▽18日、FUJI XEROX SUPER CUP 2017 NEXT GENERATION MATCHが日産スタジアムで行われ、U-18Jリーグ選抜vs日本高校サッカー選抜の試合は0-4で日本高校サッカー選抜が快勝を収めた。

▽35分ハーフで行われるNEXT GENERATION MATCH。ここまでの対戦成績は互いに2勝を記録し、引き分けが3つと五分の成績となっている。

▽9分、2列目から飛び出した平川怜(FC東京U-18)がボックス内でGKと一対一になりシュートを放つも、GK廣末陸(青森山田高校/FC東京)がセーブする。11分、高校サッカー選抜は左CKからチャンスを得るも、ゴール前の混戦を押し込むことができない。

▽18分には高校サッカー選抜がビッグチャンス。ボックス右で粘りを見せたDF三國スティビアエブス(青森山田高校)がクロス。これをボックス中央でFW鳴海彰人(青森山田高校)が胸トラップ。しかし、シュートは打てなかった。

▽U-18Jリーグ選抜は20分、MF中島元彦(セレッソ大阪U-18)が抜け出そうとするも、DF阿部海大(東福岡高校)がブロックする。すると21分、前線へのフィードの落としを、FW町野修斗(履正社高校)が左足一閃。これが右隅に突き刺さり、日本高校サッカー選抜が先制した。

▽28分には相手陣内で果敢にボール奪取を目指した日本高校サッカー選抜は、鳴海がボックス手前から豪快にシュート。しかし、これは枠を外してしまう。

▽33分にも日本高校サッカー選抜がビッグチャンス。三國が右サイドからマイナスのボールを送ると、ボックス内で受けた鳴海がシュート。しかし、これはDFがブロックし事なきを得る。

▽迎えた後半も、日本高校サッカー選抜が早々にスコアを動かす。37分、右サイドからのクロスを飛び込んだMF鳥海芳樹(桐光学園高校)がヘッド。これが決まり、日本高校サッカー選抜がリードを2点に広げる。

▽42分、FW中村駿太(柏レイソルU-18)、途中出場のFW満田誠(サンフレッチェ広島F.Cユース)で崩すと、最後は中村がシュート。しかし、これはGKがセーブする。44分にはFW久保建英(FC東京U-18)のパスを受けたDF青山夕祐(名古屋グランパスU18)がシュートも、わずかに枠を外してしまう。

▽58分、バックパスを奪ったFW伊藤龍生(米子北高校)がGKとの一対一を冷静に沈め、日本高校サッカー選抜がリードを3点とする。さらに66分には、伊藤のキープからリターンを受けたMF松本泰志(昌平高校/サンフレッチェ広島)がボックス内右からグラウンダーのパス。これをFW安藤瑞季(長崎総科大附属高校)が合わせ、リードを4点とする。

◆NEXT GENERATION MATCH

U-18Jリーグ選抜 0-4 日本高校サッカー選抜

【高校】

町野修斗(前21)

鳥海芳樹(後2)

伊藤龍生(後24)

安藤瑞季(後32)

◆スタメン

【U-18Jリーグ選抜】

GK:大迫敬介

DF:岡庭愁人、中川創、橋岡大樹、青山夕祐

MF:井澤春輝、平川怜、藤本寛也、中島元彦

FW:久保建英、中村駿太

【日本高校サッカー選抜】

GK:廣末陸

DF:三國スティビアエブス、阿部海大、佐藤瑶大、杉山弾斗

MF:金子大毅、住永翔、鳥海芳樹

FW:飯島陸、町野修斗、鳴海彰人