『おかあさんといっしょ』出演者交代記者会見2017 横山だいすけ(だいすけお兄さん)©NHK・NED 撮影/つるたま

写真拡大

NHK・Eテレ『おかあさんといっしょ』うたのお兄さん交代会見が2017年2月17日に行われ、11代目うたのお兄さん 横山だいすけさん(だいすけお兄さん)の卒業と、新うたのお兄さん花田ゆういちろうさん(ゆういちろうお兄さん)が発表されました。

【写真85枚】思わずもらい泣き!?『おかあさんといっしょ』会見の模様を写真で見る

うたのお姉さん 小野あつこさん(あつこお姉さん)、体操のお兄さん 小林よしひささん(よしお兄さん)、パント!のお姉さん 上原りささん(りさお姉さん)は引き続き出演、2016年3月30日(木)の放送の最後に、新旧のお兄さんが交代の挨拶がおこなわれる予定です。

将来の夢は『うたのお兄さん』-だいすけお兄さん

今回の卒業はぼくから言わせて頂きました。

以前から『横山大介』を知っている人はビックリするかもしれません。僕は高校生の時からうたのお兄さんになるのが夢で、子どもたちに勇気や希望の歌の届けたいと、ずっとうたのお兄さんを目指していました。その中で、うたのお兄さんにいろんな縁がありまして、いろんな人たちに支えてもらって、うたのお兄さんになることができました。

会見をしているこの103スタジオで、ぼくたちはいつも収録をしています。このスタジオで初めて収録を行った時には、どうやっていこうかと緊張で頭が真っ白になることもありましたが、スタッフ・制作・関わっているみんなが笑顔で子どもたちを迎え入れてくれて、ぼくらも受け入れてくれて、本当に毎回毎回の収録でこのスタジオが笑顔で一杯になる瞬間のなかで、うたのお兄さんとしていさせてもらうことができました。

夢見てきたうたのお兄さんを実際にやってみて「夢に思っていたとおりのお仕事なんだな」と思い、毎日楽しく過ごすことができました。

番組60周年、2年後を想っての卒業 -だいすけお兄さん

おかあさんといっしょ50周年記念の年(2009年)をうたのお兄さんとしてたたせてもらい、多くの先輩・歴代の製作者とお話をしたり、一緒にうたを歌わせてもらったり、素晴らしい機会をいただくことができました。

その中で、この番組がどれだけ多くの人たちに愛されて、多くの愛で創られているということを知って、自分もこの番組の歴史の1ページを創れるということを誇りに思い、また、次の60周年に向けて自分はどういうことができるんだろうと考えながら、うたのお兄さんの使命を続けてきました。

2019年におかあさんといっしょは60周年を迎えます。そこを迎えるにあたって、いろんなことが変化していく中で、この度の卒業を決めました。

去年の4月から、あつこお姉さん・ガラピコぷ〜(人形劇)というキャラクターにかわり、いろんなことが新しくなりました。

ぼくも彼らと一緒に素敵な番組を届けていこうと頑張っていく中で、ぼく自身がみんなにパワーをもらって、自分もこれを60周年に向けて「こんな素晴らしい番組を次に引き継いでいきたいな」という気持ちがすごく大きくなったのが、正直なところです。

支えてくれた仲間たちが宝物 -だいすけお兄さん

9年という時間は、あっという間というよりは、いろいろなことがありました。出会いもあれば、別れもありました。

今日も副調整室にも後ろにも、苦楽をともにした多くの仲間たちが見守ってくれています。支えられて9年間走ってこれたのが、何よりの宝物です。

見てくださった皆様、子どもたちにも、本当に素敵なものをいただきました。本当にありがとうございました。

かぞえてんぐ終了、世界へ -番組プロデューサー 廣岡篤哉氏

たくみお姉さんの時も似たことを言いましたが、だいすけお兄さんのかわりを探そうとは最初から思いませんでした。

番組の歴史や歌い継がれてきたうたの意味合い、メッセージを受け継いでいくことの意味を感じ取って頂ける方にお願いできることが、僕らにとっての喜びで、それを続けていくことが番組としての使命だと思います。

その意味で、ちょっと畑の違うお芝居という世界から新しく飛び込んできてくれたゆういちろうお兄さん、可能性を感じた人に面白いことをしていけるかなと大変嬉しく思っています。

だいすけお兄さんは9年間で歴代最長なのですが、就任前の花田ゆういちろうお兄さんは既に最長記録を更新してしまいました。お名前が『ゆういちろう』で、速水けんたろうさんの5文字を越える6文字で最長です。

コーナーについてひとつお知らせがありまして、レギュラー出演されていた『かぞえてんぐ』さんですが、どうも旅にでるということがわかりまして、コーナーが終了することになりました。

これからどうするのと聞いたら、海外を旅して世界中を数えるといっていたので、次はアン・ドゥ・トロワとかいっているのかもしれません。次の再開を楽しみにしたいと思います。

その他、人形劇ガラピコぷ〜・パント・ブンバボーンは継続。エンディングテーマ『あしたてんきにな〜れ!』が終了して、4月から新しいエンディングテーマを放送したいと思っております。

だいすけお兄さんの隣で子どもと向き合った1年間 -あつこお姉さん

だいすけお兄さん、9年間本当にお疲れ様でした。

1年前、会見に立たせていただいたときは、「子どもが好き・うたが好き」それ以外は全くわからないところからのスタートでした。

だいすけさんが1年間、たくさんたくさん支えてくださり、ひっぱってくださりました。

だいすけさんとは、たくさん子どものお話をしました。

だいすけさんは本当にお子さんが好きで、お子さんの未来をすごく考えていて、そんな素敵なお話にふれたり、一緒にうたを歌う中で、たくさんの子どもたちに出会ってきました。

だいすけさんの横で、だいすけさんのうたを聞いて笑顔になる子どもたち、だいすけさんと話をしている時にすごく嬉しそうな子どもたちなど、そういう姿を見て「私には子どもたちに自分がなにができるだろうか」。

だいすけさんと一緒に歌う中で、どんどんどんどん「私も子どもたちにうたのお姉さんとして伝えられることはなんだろう」ということを1年間考えながらやってきました。

寄り添ってうたを届ける -あつこお姉さん

花田くんは、一番最初にお会いしたときから、すごく柔らかくて優しい雰囲気をもった方だなって印象があります。

そして、とってもまっすぐな方で、そういった雰囲気がおうたにもとても滲み出ていて、それがお子さんたちにもストレートに伝わるのではないかと思います。

その中で、一緒にどんなうたを歌って、これからどんなうたを届けることができるか、今すごく楽しみにしています。

だいすけさんから1年間いろんなことを本当に学んで、だいすけさんから教えていただいたこと、だいすけさんをみて感じたこと、これから引き継いで行きたいことっていうのを、今度はしっかり…。私が今度逆の立場になって、今はだいすけさんの気持ちも少しわかるように感じます。

花田くんのことも今1年前の自分を思い出して、寄り添って一緒に頑張っていきたいなと思っています。よしお兄さんやりさお姉さんやたくさんの方がいっぱい支えてくださいます。

これから子どもたちのために一生懸命がんばりますので、どうぞよろしくお願いいたします。

新お兄さんはミュージカル俳優 -ゆういちろうお兄さん

皆様はじめまして! 12代目お兄さんを勤めさせていただきます花田雄一郎と申します。ぼくは大学で声楽を勉強して、そのあと劇団の研究所でお芝居を勉強してきました。

子どもが好きで、合唱指導や保育園でコンサートなどをしてまいりましたが、まさか自分がうたのお兄さんをさせていただくことになるとは、夢にも思っていなかったので、とても驚いております。でもとても嬉しいです。

9年間の長きに渡り、うたのお兄さんをされてきただいすけお兄さんから受け取るバトンはとっても重たく感じております。
恐らくぼくが今想像しているよりも、遥かに深いお仕事なんだろうなという経験を既にいくつかさせていただきました。

プレッシャーにも感じていますが、あつこお姉さんと先輩たち、そして子どもたちとともに、自分なりのうたのおにいさんを深めて行けたらと思っております。どうぞよろしくお願いいたします。

子どもの頃からうたが好き -ゆういちろうお兄さん

子どもの頃から歌が好きで、ピアノを習ったり、中学時代はシンガーソングライターになりたいと思って、自分でピアノをひいて歌っていました。それからミュージカルの世界を知って、お芝居と歌を続けてきました。

この話がきまるまで、うたのお兄さんになりたいという考えが浮かんだことはなかったんです。なので、童謡をたくさん歌っていたわけではありませんし、まだまだ知らないこともたくさんありますが、オーディションで歌った『虹のむこうに』や、子どもの頃から聞いていた歌をレッスンで聞くと、子どもの頃の記憶が蘇ります。

うたはずっと大好きなので、これからは子どもたちに対してといううたをたくさん勉強していきたいと思います。

リハーサルやレッスンや収録をした際に、現役の方を目のあたりをしてこれがプロなんだなと! プレッシャーはありますがやりがいを感じ、決意を新たにしています。

番組の魅力を再発見! -ゆういちろうお兄さん

子どももの頃は、毎日家族で『おかあさんといっしょ』をみていました。速水けんたろうお兄さんと茂森あゆみお姉さんが歌っていて、『だんご3兄弟』が印象深いです。

大人になってくるにつれて、近年この番組をみるということはなくなっていたのですが、改めて今みた時に、こんな素敵な方たちが素敵な歌を届けているんだなというのを再発見できて、大人になってもみておけばよかったなと思いました。

常にあつこお姉さんが優しくフォローをしてくださっていて、よしお兄さんもりさお姉さんもとてもサポートしてくださっています。
だいすけさんの9年間の気持ちをしっかり受け継いで、あつこお姉さんと新しい『おかあさんといっしょ』を創れるように頑張っていきたいと思います。

詩を子どもたちに届ける -だいすけお兄さん

東日本大震災は人生にとって、とても大きな出来事で、あの震災のあとに子どもたちがいろんなストレスを抱えているというニュースを目にしました。

ぼくたちの番組は、子どもたちを親しい存在として『お友達』と呼んでいます。

お友達が悩んでいる姿をみて、どういうことができるのかをすごく悩んで、当時のプロデューサーとも何度も何度も話をしました。被災地に伺い子どもたちに会って歌う特番や、子どもたちのいないスタジオで収録することもありました。

その中で、自分が大切にしたことは、うたのお兄さんになった時に先生に言われた「詩を子どもたちに届ける」。

メロディーよりもまず詩を読み込んで、その言葉を子どもたちに届けられるようにその歌を聞いて、子どもたちの心が少しでも日常の素直に笑い合えるような状況に戻れるようにと心に決めて歌いました。

その中で、ぼくは『ぼよよん行進曲』という歌を自分の中では魂を込めて歌って、それが子どもたちや親御さんに伝わったというか、すべてがひとつになった瞬間を感じて、そこからうた・音楽は人の心にちゃんと届くんだなと感じました。

そこから、ひとつひとつのうた、ひとつひとつの言葉を大切にしていこうとできたのが、震災の時に感じたことであります。

お姉さんの成長を1番近くで見てきた -だいすけお兄さん

ぼくは元々うたのお兄さんになりたかったので、1年1年命がけでやってきて、何年というよりは1年ごとに始まりがあって終わりがあって、また次の1年はじまったら気持ちを新たに、無事この1年が終わるようにとやってきました。

自分の中で大きく決断を決めたのは、去年のおかあさんといっしょスペシャルステージというコンサートの中で、自分が歌っている横で、あつこお姉さんやガラピコぷ〜が子どもたちや親御さんと笑いあっている姿を一番近くから観させてもらって、本当に心が通じ合ったんだなっていう気持ちと安心した気持ちが生まれました。

あと最後の歌に『Say!good-bye〜明日をみつめて〜』がありまして、そのうたを歌っているときに、ずっと楽しい時間を過ごしてきたなという思いと、いつかは終りが来るんだっていう、その最後の時まで自分は笑顔でいられるようにっていう気持ちを歌いながら、自分の中ですごく、これまで歩んできた道とここでというのを本能的に感じた、自分がここまでやりきれてよかったという直感的が一番大きな要因ではあります。

生涯をかけて子どもにうたを -だいすけお兄さん

今後は、コンサートがまだ2本あります。その幕がしまる瞬間まで、うたのお兄さんとしてできることを全力でやりたいというのが一番大きな願いです。

その先については、まだ具体的に決まっていない事が多いのですが、やはりぼくは子どもたちが好きで、うたが好きで、子どものためのうたを歌いたいというのが、自分の原点であり、これからも生涯そういったお仕事をできたらいいなと思っています。

子ども向けのミュージカルですとか、子どもたちの顔を見ながらうたを歌える存在っていうのを、自分の生涯の使命と感じてこれからもやっていきたいです。

全員が子どもたちの笑顔のために -だいすけお兄さん

ぼくは卒業してしまいますが、この『おかあさんといっしょ』という番組は、本当に関わっているすべての人たちが、この番組が本当に大好きで、子どもたちにいいものを届けようと、毎日遅くの時間までいろんな話をしたり、ときには激しい議論をしながらも常に全員が子どもたちの笑顔のためにがんばっています。

卒業という時に離れてしまう方もいるかもしれませんし、それは自然なことなのかもしれませんが、どうぞこれからも『おかあさんといっしょ』をよろしくお願い致します。

NHK・Eテレ『おかあさんといっしょ』
月〜土曜日 午前8時〜8時24分

今後の放送内容
2017年3月27日(月) しりとりれっしゃ。
2017年3月28日(火) すりかえかめん。
2017年3月29日(水) かぞえてんぐ。
2017年3月30日(木) 新旧うたのお兄さん交代挨拶。
2017年3月31日(金) ファミリーコンサートミニミュージカル。
2017年4月1日(土) ファミリーコンサート益田公演。
2017年4月3日(月) ゆういちろうお兄さん初登場。

2017年5月 渋谷NHKホールで行われる春のファミリーコンサートに、だいすけお兄さんがゲスト出演。

12代目うたのお兄さん『花田ゆういちろう』
東京都出身、12月生まれ、身長168cm、O型
国立音楽大学(声楽専攻)卒業。2017年1月に文学座附属演劇研究所を卒業。
学生時代に、児童合唱団の指導を行うなど、子どものうたに親しんできた。
趣味:散歩、観劇
好きな食べ物:カレー、ハンバーグ、クロワッサン
好きな色:青、水色
落ち着く場所:キッチン

21代目うたのお姉さん『小野あつこ』
東京都出身、12月生まれ、身長158cm、O型
4歳からピアノを始める。東京音楽大学大学院(声楽専攻)卒業。
児童館でのアルバイトなどで、子どもたちと音楽を楽しんできた。
元気の秘訣はよく食べること。
趣味:ピアノ、散歩
好きな食べ物:白いごはん、そうめん、ケーキ、肉
好きな色:ピンク、黄色、水色
落ち着く場所:布団の中

11代目うたのお兄さん『横山だいすけ』
千葉県出身、5月生まれ、身長171cm、O型
小学校3年から大学卒業まで合唱団に所属。国立音楽大学声楽科卒業。
劇団四季を経て、2008年4月より11代目うたのお兄さんに。
子どもが大好きで、やさしく頼もしいお兄さん。
のびやかで心のこもった歌声が持ち味。
難しいダンスや三枚目の役も明るくこなす。

NHK制作局青少年・教育番組部 チーフ・プロデューサー 山田淳氏
NHKエデュケーショナル こども幼児部 部長プロデューサー 廣岡篤哉氏