教師(顧問)の部活動に対する気持ち

写真拡大

経済協力開発機構(OECD)が世界の中学校教員を対象にした「国際教員指導環境調査」(2014年発表)では、日本の教員の「勤務時間」は最長だった(34の国・地域を調査)。日本の中学校教員が世界一労働時間が長いという結果が出たのだ。実は、授業に費やした時間は世界平均以下。他国より長かったのは、会議や授業準備、とりわけ課外活動に費やす時間だった。

■教師は、半強制的に部活顧問をやらされている!

ほぼ休みなし状態――。中学・高校生の土日祝日の「部活動」のことです。週末の部活は日本ではほぼ常識的な“風景”です。しかし、これは世界のスタンダードからすると間違いなく「異常」な状況に違いない。親として部活動をどう見るかをさまざまな立場の視点から一緒に考えていきましょう。

【1. 教師はイヤでも顧問を「やらざるを得ない」】

そもそも部活動については、学校によって、また顧問(教師)によって、取り組みに対する温度差が大きいです。顧問には「部活動いのち」の人もいれば、「部活だけがツラい」という対極の人もいます。立ち位置はさまざまとはいえ、部活動で成果を出せる人が最重要視されて重宝される地域が現実的には多いので、顧問を務めるのは半ば「当然」の業務となります。

学校の視点でみても同様で、部活動の位置付けは「最重要」から「生徒指導のためのいち手段」程度の認識まで、さまざまです。部活動で名を馳せている学校か、学力面の方で知られている学校か、によって部活動の取り組みの温度差は変化します。

部活の位置付けに温度差があること自体に善悪はなく、ある意味、自然なことでしょう。

ただ、あまり知られていませんが、顧問本人に部活動をどの頻度・力の入れ具合で担当するかという選択肢がないことが多いのです。

4領域に分けるマトリクス図にすると、次のいずれかの領域内に広く分布していることになります。

A「やりたいから存分にやっている」
B「やりたいが存分にやれていない」
C「やりたくないが仕方なくやっている」
D「やりたくないからやっていない」

AとDはともかく、BとCは顧問の側に不満がある状態といえます。学校では、各種教員向けに時おり「多忙化解消アンケート」がされるのですが、その結果を見ると、特にC(やりたくないが仕方なくやっている)の割合が毎回相当程度いて、あまりいい状況とは言えません。

ちなみにこのC領域の教師は、部活動自体を否定しているのではなく、拘束時間の異常な長さなどに不満を持つ人を多く含む群ですが、たとえそうした不満があれど、残念ながら本人に「やる・やらない」の選択の余地はほとんどなく、決まり事です。

この現状をまず親御さんに知って欲しい。それがほとんどの現場の教員からのお願いであると私は感じています。

■土日の部活をなくしたら、親の大反対運動

【2. 子どもは自分で選択して「やりたい部活動」をやる】

部活動の存在意義は、言うまでもなく「子供のため」です。子供の健全な成長に寄与するものだから、教育活動に取り入れられているわけです。部活動は「長期的な視野で幸福になる」という前提。部活動は基本的に希望選択制なので、子供は「やらない」という選択もできます。

つまり、先の顧問の場合と領域(A〜D)は同様ですが、分布の仕方が異なります。選択できる面が大きいため、顧問に比べC「やりたくないけどやる」が大きく減ります。これはD「やらない」に移るだけでなく、「やりたい部活動をやる」という選択ができるため、AやBが増えます。この「自分で選択できる」という点が顧問との大きな違いです。よって「たくさん練習をやりたい」の声は顧問よりも大幅に増える結果となります。

一方で、内心では「練習が多すぎる。他にもやることがあってきつい」という子供の声が上がるのも事実です(それなら辞めればいいのですが、実際は人間関係などが絡んで辞めるのが難しいことも少なくありません)。

【3. 親は圧倒的に「土日部活動賛成派」】

では、親御さんはどうでしょうか。

そのタイプを分類してみると、A「やらせたくて存分にやらせている」が多いはずです。部活動に所属している子供が多数派で、かつ土日祝も実施しているのが常識なのだから、論理的に考えるとそうなります。もし、やらせたくて存分にやらせているのでなければ、子供が辞めたいというのを無理にやらせていることになりますが、それは自己主張をそれなりにする中高生相手には難しいでしょう。つまり、「週末を含めた部活動を支持する層」親が最も多いと思われます。

子供が行きたくて行っていて、その間は、親も自由な時間ができる。スポーツクラブだったら1回何千円、月に数万円かかるところが、何と「無料」&「時間無制限」。反対する理由は何もありません。

もし「土日の部活をなくす」と言ったら、親御さんから大反対運動が起きても不思議ではないでしょう。子供の側はといえば、部活を楽しみながらも内心はたまに休みたいと思っているので、きっと反対運動までは起きません。その点で、一部の熱心な親御さんは、土日部活動の陰の推進者といえるかもしれません。

■教師は週末も働く(部活顧問)のが常識なのか?

【4. 部活動の土日祝日実施は「常識」というロジック】

顧問、子供、親。3者の立場で見てきましたが、これらを総合的に考えると、やはり現在の日本では部活動の土日祝日実施は「常識」「当然」となりそうです。とりわけ子供と保護者のニーズが高いので顧問の側は熱意の有無に関係なく、やるしかない。事実上、選択の余地は残されていません。

子供も保護者も歓迎する土日の部活動→子供を育てるのが教員(顧問)の仕事→よって、土日もやるのが当然。

何もおかしな点はないように見えます。

しかし、ここで立ち止まって考えてみます。「常識の前提」におかしな部分はないでしょうか? 論理に穴はないでしょうか? あります。抜けているのは、ずばり「教員の勤務時間」という視点です。

教師は生徒に何かあれば「24時間対応すべし」という理想はわかりますが、物理的に難しいこともあります。また、教師という仕事は、勤務先(自治体や学校法人など)との「契約」で成立しています。

勤務時間内はもちろん、週末も個人の好き嫌いに関係なく仕事に従事するということは、大げさに言えば、自分の生命としての時間の「切り売り」をする行為といってもいいかもしれません。時間の重要性を甘く見てはいけません。時は金なり、どころか、お金よりはるかに価値があるのが時間なのだと、私は考えています。

経済的な富など全てを手に入れたように思える人でも、最後の最後に欲しがるのは「時間」だと言います。働き詰めに働いて地位と財産を築いた人物が、最後には口を揃えて「子供が小さかった頃にもっと○○する時間があれば……」といった発言をすることからも、時間にはプライスレスな価値があると言えるでしょう。

世の中には教師=聖職者というイメージがありますが、教員は決して聖人などではなく、ごく普通の人間です。平凡な人間です。だから、限界はあります。

平日も遅くまで働いて、土日も“滅私”して部活の顧問として無理に働き詰めれば、疲労は蓄積し続け、そのうち倒れてもおかしくないでしょう(教員という職業を選んだ性質上、真面目な人が多く、結果的に本当に倒れてしまう人が多いのです)。

■週末の試合に勝っても負けても、顧問は大変

むしろ、辛抱強い人でもいずれストレスが爆発して、その負のエネルギーが子供にぶつけられることもないとは言えません。例えば、よく問題となる体罰はそうした熱意と疲労が歪んだ形で出現した、と捉えられるケースもあるかもしれません。爆発が自分に向けば、若くして精神疾患による退職、最悪は死に至る可能性もあります。

死ぬほど部活そのものに苦悩するかどうかは人によりますが、少なくとも本来あるべき時間を削られるのは間違いありません。他にもやるべきことがある人間にとっては、常識としての土日祝日休みなしの「半強制勤務」は害悪の方が大きい、と胸の中で思っている教師は少なくないでしょう。

仮に倒れない場合も、顧問本人の家庭やプライベートにしわ寄せがいっている可能性は大です。

【5. 顧問を一人の親、一人の人間として見つめると……】

もし自分が親の立場で、子供が土日両日に部活動に行っている間、解放されている気分の人がいたら、どうか顧問とその家族にも思いを馳せて欲しいと思います。

顧問に小さい子供がいても、妻に丸投げか、子供がどこかに預けられているパターンが多いのです(中高の部活動の顧問は、男性が7〜8割と圧倒的多数です)。

その子は「うちのお父さんは、きっと僕(私)のことはどうでもいい」と心のどこかで思っているかもしれません。奥さんも、同じように思っているかもしれません。不憫なのはそう家族に思われている顧問の教員自身も、自分の時間がほとんどないということです。いつ家族とゆっくり過ごせる日が来るのか、見通しは暗い。

何といっても、来週もその次も、試合の日まで休日はずっと部活。なら休めばいいといわれますが、下手に休めば周り(特に保護者)が黙っていません。もし休んだ後で次の試合に負けたら、何を言われるかわからない。そう心情を吐露する教師もいます。

そして無事試合に勝てば、次の休日も部活の試合です。そういった犠牲の上に、今子供が土日に通う部活動が成り立っていないかどうか。週末の部活は当たり前という「常識」を今一度見つめ直す機会を、親子間や顧問と親の間で持ってもいいのかもしれません。

( 国立大学教育学部付属小学校教諭 松尾英明=文)