宇宙船のトラブルによって2人が大ピンチに陥る

写真拡大

ハリウッドのトップスター、ジェニファー・ローレンスとクリス・プラットがW主演を務めるスペース・スペクタクル・ロマン『パッセンジャー』(3月24日公開)。宇宙船で2人が絶体絶命のピンチに陥るシーンを独占で公開!

【写真を見る】なぜ目覚めてしまった!?クリス・プラット演じるジムが呆然

本作の舞台は豪華な宇宙船アヴァロン。地球を離れ、新たな居住地となる目的地までの期間は120年。冬眠ポッドに入り到着を待つ5000人の乗客のなか、なぜか90年早く男女が目覚めてしまう。エンジニアのジム(クリス・プラット)と売れっ子作家のオーロラ(ジェニファー・ローレンス)だ。

地球であれば出会うことすらなかったはずの2人が、絶望的な孤独のなかでお互いを支え、次第に惹かれ合いながら、広大な宇宙で過酷な運命に立ち向かう姿を描く。

こちらの映像は、トラブルから宇宙へ放り出されそうになるオーロラを、ジムが必死に助け出そうとするシーン。ジム役のクリスは「船内のロボットは誤作動しはじめるし、照明もおかしくなる。ジムとオーロラはそうした不具合の原因を探すんだ。自分たちとほかの4998人の乗客を助けるためにね」と、アヴァロンで起こっているトラブルは映像の場所だけではないことを明かしてくれた。

オーロラ役のジェニファーは「2人が直面しているのは非常に緊迫した状況で、決して普通ではない場所だからこそ、2人の人間性と愛が試されるの」と、この極限状況こそが2人を結ぶ大事な要素だと強調。さらに「この作品は、映画を観た後『あなたなら、あの状況でどうする?』とお互いに問いかけ合うような作品なのよ」と話している。

いったいなぜ彼ら目覚めたのか?アヴァロン号に起きている異変とはなんなのか?すべてが明かされた時に浮かび上がる衝撃の真実と、思わず語り合いたくなるような極限の愛を劇場で確かめてほしい。【Movie Walker】