17日、落馬事故から1カ月を迎えた俳優アンディ・ラウが、来月初めにも退院して自宅療養に入る予定だ。写真は先月18日、香港の病院に搬送されるアンディ・ラウ。

写真拡大

2017年2月17日、落馬事故から1カ月を迎えた俳優アンディ・ラウ(劉徳華)が、来月初めにも退院して自宅療養に入る予定だ。香港アップルデイリーが伝えた。

【その他の写真】

アンディ・ラウは先月17日、タイ・バンコク郊外でCM撮影中、落馬事故を起こした。この事故で骨盤を骨折したほか、脊椎にも損傷を負ったとされ、年内の仕事再開は難しい状態とも報じられている。

事故からちょうど1カ月を経過した17日、来月初めにも退院できることが明らかになった。アンディ・ラウの自宅マンションには現在、手すりをつけたり、バリアフリーにするための改修工事が入っており、退院間近を感じさせている。

チャン・イーモウ(張芸謀)監督の最新作「グレートウォール」に出演しているが、このほどロスで行われた北米プレミアにも欠席。仕事に大きな影響が出ている。現在、病室ではほぼ寝たきりで、最近になってやっとわずかな時間なら座れる状態になったとのこと。車椅子に乗って退院することを目指しており、病室にホームシアターセットを持ち込み、
映画鑑賞でストレス解消しているという。(翻訳・編集/Mathilda)